ここから本文です

冷蔵庫にあるアレを使うと、ステーキの表面が簡単にカリっと焼きあがる

5/18(土) 11:11配信

ライフハッカー[日本版]

私はミシシッピ州北部で育ったせいか、マヨネーズが大好きです。

サンドイッチにはもちろん欠かせませんが、マッシュドポテトを劇的においしくしたいときや、チョコレートケーキをしっとりさせたいときも、マヨネーズは大活躍してくれます。

【画像】冷蔵庫にあるアレを使うと、ステーキの表面が簡単にカリっと焼きあがる

そして、ステーキにきれいな焦げ目をつけたいときも、マヨネーズの出番なんです。

マヨネーズで食材に焦げ目がつけられる

長年アメリカの料理番組に出演している人気料理人のアルトン・ブラウンさんが、昨年「マヨステーキ」のことを料理サイトに書いていました。

でも、私がそれに気づいたのはごく最近のことです。マヨラーの私としたことが見過ごしていました。

考えてみれば、マヨネーズは、たっぷりの油と卵、砂糖、そしてシーズニングで作ります。どれも食材に焦げ目をつける効果があるものばかりです。

油はもちろんですが、砂糖と蛋白質は、食材にこんがりきつね色の焼き色をつける役目を果たします。

そこで、金曜日の夜にマヨステーキを作ってみたところ、ほんの数分で表面がカリカリの素晴らしいステーキができることがわかりました。しかも、マヨネーズの味は全然しません。

マヨネーズでおいしいステーキを焼く方法

肉につけるマヨネーズの量は、ほんの少しで十分です。普段ステーキを焼くときは、フライパンに薄く油をひきますよね。それと同じ感覚で、ステーキ肉に薄くマヨネーズを塗ります。

お菓子を作るときに使うハケで肉の両面にマヨネーズを塗ってから、普段通りに味付けをしてください。

あとは熱したフライパンでお好みの焼き加減で焼くだけです。肉の表面がマヨネーズの油で覆われているので、フライパンに油をひく必要はありません。

マヨネーズの効果で表面がいい感じにカリカリに焼きあがったら、おいしく召し上がれ。

なお、マヨネーズを食材の表面に塗って焼きあげるこのやり方は、サーモンにも合いそうです。

Image: bestpromo / Shutterstock.com

Source: Lifehacker US(1, 2, 3), The Daily meal

Claire Lower ー Lifehacker US[原文]

訳:春野ユリ

最終更新:5/18(土) 11:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事