ここから本文です

那須川天心vs亀田興毅が決定、6月22日に拳を交える。那須川はヘッドギア無し、8オンスグローブを希望

5/18(土) 23:08配信

ゴング格闘技

2019年5月18日(土)都内にてインターネットテレビ局AbemaTVの企画番組『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」が行われ、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)がボクシングルール2分3Rで挑戦者2名を退けた(いずれもフルラウンド、判定なし)。

【写真】挑戦者にパンチを見舞う那須川、次は亀田が挑戦者だ

 その後、“重大発表”としてVTRに三階級制覇王者・亀田興毅が現れ、6月22日(土)に那須川と対戦することが発表された。

 亀田は「未来ある若人にボクシングというもんを教えてやろうかなと」「全力でぶつかってこい」「一生懸命、当てられるもんなら当てたらいい」と挑発的なコメントを連発。

 リング上でインタビューを受けた那須川は「決まりましたね。決まった経緯も分からないもので、さっき聞いた話なので決まってビックリです。(試合形式は)もちろんボクシングだと思う。亀田選手も強いファイターですが、今回は自分に挑戦する形なので、吠えたらいいと言っていましたが、自分は普通に戦って普通に勝ちたいと思います。話題になる凄いカードだと思うのでめちゃめちゃ盛り上げて、最終的に倒せたらいいなと思います。もちろんやるからにはKOを狙いたい。自分もしっかりパンチを当てて、もらわずに、次の試合も控えているのでそれも踏まえてやります」と、KOを狙うと宣言した。

 その後の囲み取材で、亀田がなぜ自分に挑戦してきたと思うかと聞かれると、那須川は「話題作りじゃないですか。勢いのある若者を潰す」と推測。

 そして「ラウンドにこだわりはないです。できればヘッドギア無しで、8オンス(のグローブ)でどうせならやりたい。ガチでやりたい願望があります」と、限りなくガチの試合に近い形でやりたいと希望した。

 なお19日、那須川と亀田が同席のもと記者会見が行われ詳細が発表される予定だったが、発表からわずか1時間後に会見の延期が発表された。AbemaTV広報からの発表によれば、反響が大きすぎたため用意しておいた会場では対応しきれなくなったため、とのこと。試合日程に変更はないという。

最終更新:5/19(日) 0:56
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事