ここから本文です

不安やうつ症状、“海のミルク”牡蠣の栄養素に注目

5/18(土) 21:21配信

ハーパーズ バザー・オンライン

コロンビア大学医学部の助教授を務める精神科医ドリュー・ラムジー氏は、不安障害やうつ病の治療を受けている患者に対し、新たな選択肢を提供している。彼が患者に処方するのは、世界的に使用されている「Prozac(プロザック)」や「Zoloft(ゾロフト)」、「Celexa(セレクサ)」などの抗うつ剤ではなく、なんと牡蠣! ラムジー氏いわく「海のミルク」と呼ばれる栄養豊富な牡蠣は、メンタルヘルスの改善に効果的だという。

【画像】栄養士が絶対に食べない11のもの

鍵となる成分は、牡蠣に含まれるビタミンB12とオメガ3系脂肪酸。「ビタミンB12には脳萎縮の抑制効果」が、そして「オメガ3系脂肪酸には不安症状を軽減する効果」があると、ラムジー氏は米「NYタイムズ」紙に説明している。

そんな彼の治療法に満足している患者は多いようで、軽度のうつと不安障害に悩まされていた48歳のある男性患者にいたっては、週末に36個の牡蠣を完食。それを聞いて、ラムジー氏も「牡蠣をすすめた患者のなかで、36個も食べたのはあなただけですよ!」と驚いたそう。

『Eat Complete』や『Fifty Shades of Kale』、『The Happiness Diet』など、過去に脳と食べ物の関係をテーマにした書籍を多数執筆しているラムジー氏は、そのほかにも「不規則な食事が心に不調をきたす」と主張し、正しい食べ物を選ぶことで予防改善できる病気や体の不調はあるとしている。つまり、当然ながら心の健康づくりに役立つ食べ物は牡蠣だけではないとうことなのだ。

ラムジー氏は、薬物療法の代わりとして食事療法を行っているわけではない。彼が得意とするのは、栄養指導に抗うつ剤やセラピー、カウンセリングなどを組み合わせた独自の治療方法だ。

2日間で36個の牡蠣を食べた前述のラムジー氏の患者も、彼に絶大なる信頼を寄せている。その患者は、現在も脂肪分の多い肉や加工食品、揚げ物を控えた食生活を続けており、米「NYタイムズ」紙に「うつ病を軽減し、気分をよくするための治療の一環として牡蠣を食べているだけです」とコメントしている。

translation: Reiko Kuwabara from delish

最終更新:5/18(土) 21:21
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ