ここから本文です

英語力ゼロ・35歳の私が、ある日いきなりロンドンに移住したら……

5/18(土) 17:01配信

GOETHE

「英語ができないのは、とにかく今、忙しいくて勉強できないから。もし海外に住むなんてことがあれば、きっと習得できるはず」――。 ならばとロンドンにやってきた、35歳女子、英語力ゼロ。時にはなぜか同じ日本人に英語を笑われながらも、超基本から、スラングまで、七転八倒しながら覚えたフレーズの数々。重い腰をあげて英語に挑戦しようとされているゲーテ読者の皆様にお伝えできれば光栄です。新連載「人のEnglishを笑うな」スタート!

35歳女子、英語力ゼロ。

英語を公用語にしている企業は、楽天やファーストリテイリングをはじめ、今後さらに増加傾向にあり、資生堂やHONDAも取り入れることが決まっているといいます。ベンチャー企業でもその流れが強く、もはや語学力はビジネススキルというよりも、あって当然のマナーなのでしょう。

一方で、受験勉強を最後に英語から遠ざかり、その必要性を感じながらも日々に忙殺され、英語力を完全にごまかしてきたタイプの社会人が多いのも事実です。

そのタイプの人間は、たいてい思っているのです。

「英語を習得できないのは、とにかく今、忙しいから。万一海外に住むなんてことがあれば、きっと習得できるはず」。

そんな思いこみは本当なのか、ならば行ってしまえと、全財産を投げ打ってロンドンにやってきた、35歳、英語力ゼロ。

正直、TOEIC、TOEFLさえ受けたことがありません。

出張先の食堂で「Folk please」といったつもりが通じず「Coke」を出していただいたこともあります(さも、注文したものがきた、みたいな顔をして飲みましたけど、コーク)。

そんな人間が、ある日いきなりロンドンに移住したらどうなるのか、超基本から、スラングまで、七転八倒しながら覚えたフレーズを、重い腰をあげて英語に挑戦しようとされているゲーテ読者の皆様にお伝えできれば光栄です。

Take away/和製英語に翻弄される

「会社の引き継ぎが忙しかった」を言い訳に無勉強のまま出国を迎えた私が最初にカルチャーショックを受けたのは、空港近くのスターバックスで店員に聞かれたこの言葉でした。

‘Take away or Take in?’

これは「持ち帰りなのか、食べていくのか」と聞いています。

しかし英語力ゼロには「お持ち帰り」=Take outがしみついていて、awayが何のことかさっぱりわかりません。

店員さんが机を指差し、その後に外を指差してくれたことでやっと理解。

さっそく心が折れた瞬間でした。

‘Take out’は和製日本語で、アメリカでは‘To go’イギリスではこのように‘Take away’というようです。

ロンドンではTake in かTake awayかで、同じものを頼んでも値段が違う店が多いため(その差額は時にサンドヴィッチひとつでも£1以上=約150円超)、必ず聞かれる質問です。またTake inで食べて残してしまった際でもお皿を指差して‘Take away please’とだけ言えばすぐにお持ち帰り用に包んでくれるので、一度覚えてしまえばなんとも便利な単語でした。

1/2ページ

最終更新:5/18(土) 17:01
GOETHE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事