ここから本文です

まるで朝日!20段階の光で快適に起きれるノンストレス目覚まし時計

5/18(土) 20:14配信

ライフハッカー[日本版]

チュンチュン…という鳥のさえずりと、窓から差し込む朝日…おはよう!

毎日そんなふうに起きれたら最高ですよね。

【記事の全画像】まるで朝日!20段階の光で快適に起きれるノンストレス目覚まし時計

でも現実は、うるさいアラームでイライラ。もっと穏やかに起きれたらいいのになー。

音じゃなく、光で起きる時代

アラームではなく、光で起こしてくれる時計を発見! 「HeimVision 光目覚ましライト」です。

朝が弱い者として、試さずにはいられない!

カーテンを開けっぱなしにしておくと朝日で自然と起きれる、と聞いたことありませんか?

光を察知して、体がゆっくり起き始めるとのこと。休日とか、まさにそうですよね!

でも実際試すには、防犯の面で危険そうだし、冬は寒いし、毎日同じ時間に太陽が出るわけじゃない…。

その環境を人工的に作ってくれるのがこの照明型目覚まし時計なんですって。

直径16cmと結構大きいです。そして、見た目は完全に照明です。

ただ、厚みはあまりなくて、めちゃくちゃ軽い。FMラジオも聞けますよ。

設定はアプリでサクサクできた

「Smart Life」というアプリを使えば、アラームやスヌーズの設定も楽チンでした。

逆に、本体だけで設定しようとすると機能がかなり限られるし、かなりメンドくさいです。Wi-Fiの環境があるなら、アプリが断然おすすめです!

普通の目覚まし時計の設定って、音の種類や音量くらいですよね。

でもこれはスゴイ。基本的なのに加えて、何分前から徐々に光らせていく?

光の強さはどのくらい?スヌーズは何分後?ラジオ、アラーム、光の組み合わせはどうする?

など、かなり細かく設定できます。

20段階の光で徐々に起こしてくれる!

なんと、光の強さは20段階! 徐々に明るくなっていくさまはまさに朝日。

このグラデーションのおかげで体も徐々に起きるモードになっていくんですね! 最大になると、かなり眩しいです。

実際に使ってみた

起きたい時間の30分前から徐々に明るくなるように設定しました。光の強さはもちろんMAXで!

光だけじゃ起きれなかった時のためにラジオもセットしましたよ。枕元で光るのでかなり眩しいです。

まさに日曜のあの感じですね。ただ、気持ちは平日なので、一瞬にして現実に引き戻されますが…。

ちなみに、光だけで起きれた日もあれば、結局アラームで起きた日もあります。

でも、心なしかいつもよりスッキリ起きられたような!?

体が起きる準備してたのでしょうか。敏感な人や朝に強い人はこれだけで起きれると思いますよ。

光だけに頼るのは危険かも…

新感覚で画期的なのですが、100%光だけに頼るのは危険かも!

というのも、真冬に布団を頭までかぶってたらアウトですよね…

また、本当に枕元に置いておかないと光が届かないので注意。

アラームもしっかり設定して、光はあくまで起きる準備をするためのもの、と考えたほうがいいです。といっても、視覚と聴覚のダブルの効果があるのは事実。

アラームだけじゃ起きれない、という人や、スッキリ起きたいという人にはオススメですよ。

Image: 良品生活

Source: HeimVision 目覚まし時計, Amazon

良品生活

最終更新:5/18(土) 20:14
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事