ここから本文です

藤井聡太の師・杉本八段が語る「天才部下とはこう付き合え」

5/18(土) 16:01配信

SmartFLASH

 日本でもっとも有名な天才・藤井聡太七段を弟子に持つ杉本昌隆八段。いかにして弟子の才能を潰さないように育成してきたのか。自分を「会社員の上司」に置き換えて、これまでの経験を語ってもらうと、目からウロコの「金言」が溢れ出した。


●金言1「才能を羨ましいと思えるのは、向上心がある証拠」

「才能に年齢は関係ありません。弟子や部下であっても、優れた能力を感じたなら、素直に羨ましいと思えたほうがいい。その気持ちは、自分に活力を与えてくれる。技術の向上において、メンタルはとても大きな要素です」

 杉本は2018年度、将棋の順位戦において、50歳での昇級を果たした。伸び盛りの20代がひしめくなか、ベテランが勝ち抜くことは容易ではない。

「弟子の藤井聡太七段の才能を、初めて羨ましいと思ったのは、彼が小学2年生の終わりごろでした。対局後の感想戦で、誰もが気づかない手をサラッと指摘したときです。どうしたらこんな手が浮かぶのだろうと感動しました。そのとき私は42歳でした。

 妬むとか悔しいという感情ではなかった。こんな観る人を感動させるような将棋を、自分も指したい。私自身、もっと強くなりたい。これは引退していたら、違った感情だったと思います。育成の立場なら、自分が強くなりたいとは思わない」

 2018年3月8日、杉本と藤井の最初の師弟対決がおこなわれた。結果は藤井六段(当時)が勝利。将棋界では弟子が師匠に勝つことを「恩返し」という。

 杉本は、弟子がいちばん失望するのは、師が技術の向上を諦めてしまった姿を見せることだという。

「私は仲間の棋士に、藤井七段の指摘した手を自慢しました。会社でも部下がすごいプランを出したら、上司はほかの課に行って自慢すればいいんですよ。いないところで評価してもらえたのが伝われば、部下はやる気を出しますからね。

 そういう優秀な部下が現われたということは、上司にも会社にも、誇りじゃないですか」

 向上心があれば、年齢に関係なく互いに高め合う関係を築くことができる。


●金言2「仕事が本当に好きなら、部下を潰すことはない」

「将棋界の師弟関係は、会社の上司と部下の関係に近いものがあります。タテ社会の構造であり、競争社会ですから、ライバルの成功を素直に喜べない気持ちはある。

 でも棋士はびっくりするほど、みんな純粋なんです。好きな将棋で足を引っ張ることは、恥ずかしいと感じる。それは愛する将棋への冒涜です」

 棋士は勝負へのこだわりが非常に強い。誰よりも自分が強いと思わなければ生き残れない世界である。

 一方で、将棋を普及することにおいては、すべての棋士が団結し、イベントや指導対局をおこなう。現在の将棋ブームは藤井聡太七段だけでなく、棋士全員の熱意によるものである。

「会社に入社したときに、その仕事が嫌いな人は少ないと思うんです。仕事に情熱を燃やしている人なら、年齢や立場に関係なく、相手の優秀さを尊重するはずです。仕事への愛情は人を育てる気持ちにつながると思います。

 逆に心配なのは、成長させようとして、距離の取り方を間違えてしまう場合かな。自分の知っているノウハウを教え込もうとして、足を引っ張ってしまうことがある。教えすぎるくらいなら、遠くから見守るほうがいい。将棋界でも、放任主義が育成に功を奏する場合は多々あります。

 私は、師弟とは同志だと思っています。志を同じくする者。会社員の場合もそうではないのでしょうか」

1/2ページ

最終更新:5/18(土) 16:01
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい