ここから本文です

GLAY、『HEAVY GAUGE』アンソロジー盤がランクイン 今なお積極的な活動続く理由

5/18(土) 13:01配信

リアルサウンド

参考:2019年5月20日付週間アルバムランキング(2019年5月6日~2019年05月12日・ORICON NEWS)

 今週7位のback numberの『MAGIC』がチャート初登場1位に輝いたのは4月8日付ランキングのこと。初週で軽く16.6万枚(!)を突破するぶっちぎりのセールスでした。そこから次週も1位、4月22日付ランキングでは4位となり、この時点で23万枚を軽く売り上げていました。

 そして驚くべきは、それから4週間が経っても『MAGIC』がまったくチャートから消える気配を見せないこと。1位→1位→4位→7位→10位→7位→7位と、今なおロングセールスを更新中。先月が終わった時点ですでに25万枚を突破しているので、これはもう年間チャートの上位に食い込むかもしれないレベル。すでに国民的バンドの地位は彼らのものになっていたのでした。今後どこまで数字を伸ばしていくのか、しっかり追いかけていきます。

 25万枚で大ヒットと断言できるこの時代、かつてミリオンヒットが当然だったCDバブル時代のアーティストは何を思うのでしょう。なんてことを考えてしまうのは、back numberに続いて今週8位に登場するのがGLAYの名前だったから。タイトル『HEAVY GAUGE Anthology』にピンと来る人も多いでしょう。これは1999年、絶頂期にあったGLAYが伝説の20万人ライブ『GLAY EXPO ’99 SURVIVAL』を行ったあとにリリースした、メジャー5枚目のアルバム『HEAVY GAUGE』の特別アンソロジーです。ちなみにオリジナルの『HEAVY GAUGE』は235万枚のセールスを叩き出しました。

 20年も経てばCDという音楽メディアの扱いは激変しており、今回の『HEAVY GAUGE Anthology』、初登場で約5,600枚です。数字だけを比べると厳しいと思えるかもしれませんが、出しても出してもミリオンなど生まれる時代ではないことはアーティスト本人が一番よくわかっているはず。だから考えるべきは、なぜ彼らは今なおGLAYとして活動を続け、作品のリリースやコンサートツアーに積極的でいられるのか、という疑問。見えてくる答えとしては、やはり、「彼ら自身がGLAYを愛しているから」になるのだと思います。

1/2ページ

最終更新:5/18(土) 13:01
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事