ここから本文です

公共放送にあるまじき好き放題……糸井重里が語る「Eテレ」の名番組「YOU」のこと

5/18(土) 17:00配信

文春オンライン

「Eテレ」は、今年60周年を迎えた。日本唯一の教育専門チャンネルの、誰もが知る名番組の裏話を、出演者・制作者たちが語る。今回は1982年から5年間放送され、若者に圧倒的支持を集めた「YOU」。初代の司会を務めた糸井重里さんが語る番組の舞台裏とは。

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

◆◆◆

 この「YOU」って、ゲストを交えてワンテーマをスタジオへ来てる若い人と話し合う番組。僕はそこで1982年4月から3年間、司会をやってました。仕事を依頼してきたプロデューサーが前番組の「若い広場」(62~82年)へ出演した僕を見ていたんですね。テレビに出るなら野球中継で偶然、映り込んじゃう位が好きなので、司会なんて想定外。台本通りに仕切るなんて出来ない性格だから無理とプロデューサーに言うと、「それは問題ない」なんてサラリとしりぞける(笑)。で、ヒマだし、ちょっと興味もあるのでなんとなく引き受けるような流れになっちゃったんですね。だけど、局の偉い人はコピーライターでそれなりに金を稼いでるであろう僕の起用に難色を示してたらしい。「軽薄なギョーカイ人が勤労青年の苦悩を理解できるのか」なんて(笑)。

一番面白かったのは企画会議

 番組に参加して一番面白かったのは企画会議。アイデアを持ち寄る番組スタッフがほぼ同世代で話が弾むんです。当時は受験戦争や校則問題が話題で、教育がテーマになることが多かった。そうなると「こんな先生がイヤ」的なネガティブな流れになりがちですけど、難しい問題って粗探しより、良い面を探る方が解決法を導きやすいんです。だから僕は「好きな先生を探そう」って提案しました。すると学校の庭で無心に穴を掘る謎の先生がいたり、教職者のイメージを壊す先生が発見出来て面白かったです。

 だから会議が僕の本番で司会はオマケみたいなもの(笑)。基本、よほどのことが無い限り編集なしの、ほぼ生番組だったんです。番組スタッフも呼ぶと収録中に出てくるし。僕は応募で集まった若い人たちにスタジオで囲まれて、司会なのに台本をその場で読んじゃう。ゲストや僕、スタジオのみんながタメ口になるくらい言いたい放題なんですよ。アシスタントの荻野目慶子さんの代打で洋子さんが出た時に「妹の方が可愛い」とか言っちゃうし(笑)。そんな観覧者の中に若きみうらじゅん氏もいました。怪獣や少女漫画、アニメとかも取り上げていたから若い視聴者に支持されてましたね。

1/3ページ

最終更新:5/18(土) 23:30
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事