ここから本文です

ローリングストーン誌が徹底調査、スマートスピーカーガイド決定版

5/18(土) 10:00配信

Rolling Stone Japan

No.2~No.3

Sonos One、$199ドル(およそ2万2000円)

15センチちょっとという大きさにも関わらず、SonosのOneは驚くほどしっかりした、フルレンジのサウンドを提供してくれる。その点はSonosのもっと大きなモデルとまったく変わらない。音声コントロール機能もばっちりだ。Amazonの最高傑作Alexaを搭載したデジタルアシスタント機能のおかげで、フィリップス ヒューの電球などの接続デバイスを制御し、ギターのチューニング方法も学習してくれる。話しかけるならAlexaではなく、Google Assistantのほうがいい、というユーザーも心配しないでほしい。実際、自然な話し言葉を理解する能力はGoogle Assistantのほうが上で、ユーザーの好みに応じてGoogleの人工知能にスイッチできるソフトウェアアップデートも近日中に予定されている。

おすすめ機能:ほぼすべての音楽配信サービスと、2種類のAIアシスタントに対応、というオープンさこそがSonos OneとAppleのHomePodの最大かつ唯一の違いだ。Sonos Oneは価格も手頃なので、いろいろな部屋での没入型の音楽体験が可能になるスタイリッシュでシームレスなモデルに手を出すのは絶好の機会だ。なんといっても、SonosがHomePod 1台の値段でSonos Oneが2台買えるキャンペーンを実施しているいまがチャンス。

結論:音楽ファンの多くにとってSonos Oneの価格、音質、ユーザビリティ、プラットフォームのオープンさは魅力だ。

Amazon Echo Spot、$130ドル(およそ1万4000円)

極小サイズの丸いAmazon Echo Spotには、スクリーンという他のスピーカーにない機能がある。だから、夕食の支度をしながらAmazon Primeからグレイトフル・デッドの『Truckin’ Up to Buffalo』のライブ映像などが楽しめる。大きさ4センチ弱のスピーカーは超一流というわけではないけれど、簡単に他のデバイスとも接続できる。

おすすめの使用場所:キッチンやベッドサイドテーブル。

2/3ページ

最終更新:5/18(土) 10:00
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事