ここから本文です

気鋭のアーティスト、SIRUPが支持される理由「目線をお客さんと合わせる」

5/18(土) 14:35配信

Rolling Stone Japan

本日開催の「CROSSING CARNIVAL’19」に出演するSIRUP。29日にはトム・ミッシュの大阪公演のサポートアクトを務めるなど、音楽・アパレル業界から大注目を集めるアーティストである。彼の音楽が今の時代に求められている理由を探るべく、密着取材を行った。

写真9点:気鋭のアーティスト、SIRUPが支持される理由「目線をお客さんと合わせる」

2月の最終日。東京では、久しぶりの土砂降り。私は、代官山にあるハンバーガーショップ「GRILL BURGER CLUB SASA」でSIRUPと待ち合わせをしていた。この日の夜、SIRUPは渋谷WWW Xにて、CONVERSE「ENERGY WAVE®」のローンチパーティーに出演する。そのリハーサルを無事に終えて、ここで腹ごしらえをするという。

2017年から活動をスタートさせたSIRUPの現在の状況はというと、Honda「VEZEL TOURING」のテレビCMに1月31日から起用されており、今、テレビから彼の「Do Well」が大量に流れている。これは、SIRUPのキャリアにおいても大きな出来事となった。さらに言うと「LOOP」は、以前から人気番組『テラスハウス』でたびたびプレイされており、その視聴者から十分に認知され、口コミでも広まっている。そうやってテレビを通して老若男女からの知名度を上げながら、Spotifyがプッシュする気鋭アーティストの1組に選ばれたり、今日のようにCONVERSEなどアパレルブランドや企業からオファーを受けたりしているSIRUPを、「今、世間から注目されているアーティスト」と記すことは決して大げさではないだろう。(これは個人的な体感だが……最近私自身が仕事をするなかで、様々な企業や代理店から「この案件にSIRUPをブッキングしてほしい」といった声を受けていて、その注目度をまさに実感している。)

ハンバーガーショップに話を戻そう。SIRUPは、とにかくハンバーガーが大好きらしい。最近は週3回くらいで食べている(でも本当は毎日でも食べたい)そうだ。前なぜそこまでハンバーガーを愛するのか? その理由を聞くと、「肉が好き。パンが好き。ポテトも好き。で、野菜を取らないといけないという意識もあって、それらがすべて揃っているのがハンバーガーだから」とのこと。ハンバーガーで野菜が摂れるとはあまり思わないのだけれど……。

SIRUPは、数量限定の「グリルマッシュルームバーガー」を注文。しかもLサイズ。パティが2枚。マネージャーからは「ハンバーガーのプロ」と呼ばれたSIRUPいわく、「Lサイズを食べたら、ライブを終えたあともお腹が空かないってわかってる」とのこと。嬉しそうな顔をしながら、口と手を止めることなく食らいつくSIRUP。幸せそうだ。グリルマッシュルームバーガーには、レタスとトマト以外に、エリンギ、しめじ、マッシュルームも入っている。……たしかに、栄養価は高いのかもしれない。

帰り際に、20歳前後とおぼしき男性の店員から、「ファンなんです。写真を撮ってくれませんか」と声をかけられた。彼に対して丁寧に接するSIRUP。ファンの方は、とても嬉しそうな笑顔を浮かべていた。代官山のハンバーガーショップで働くオシャレな若者たちからも、今、SIRUPが注目されていることを実感する。

1/5ページ

最終更新:5/18(土) 14:35
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事