ここから本文です

【岩本輝雄|川崎×名古屋】助っ人たちが輝いた“技術合戦”のなか、長友の後釜を見つけた!

5/18(土) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

まるでユベントスのピャニッチみたいだった

 1-1のドローに終わったフロンターレとグランパスの上位対決。お互いに攻撃的なチームがゆえ、相手を警戒していたのか、多少、〝固さ〞が見られたとはいえ、それでもエンタテインメントに溢れ、90分間、飽きることなく楽しませてもらった。
 
 コンパクトな陣形を保って、狭いスペースの中でもプレースピードは速いまま。激しく寄せられても、確実にトラップして、正確にショートパスを通す。良い意味で、Jリーグの試合っぽくなかった。そう感じるのも、両チームの選手のテクニックが高いからだと思う。局面ごとにハイレベルな攻防が展開される、いわば〝技術合戦〞だったね。
 
 そのなかでも際立っていたのが、グランパスのフィールドプレーヤーの助っ人4選手。みんな分かっているとは思うけど、ジョーも、シャビエルも、シミッチも、マテウスも、みんな左利き。レフティの僕としては、ちょっと嬉しかった(笑)。
 
 鮮やかなボレーで先制点を決めたマテウスも素晴らしかったけど、個人的にはボランチのシミッチのほうが強く印象に残っている。余計なことはせず、シンプルな捌きで味方を走らせる。パススピードも速い。まるでユベントスのピャニッチみたいだった。
 
 あれだけ自由にパスを配給できるのは、ボールの受け方が上手いから。必ず前を向いた状態でボールを受けようとする。しかも、自分の前に空間を作るように。そのスペースには相手が簡単に入ってこれないような、絶妙な間合いを取りながら。
 
 抜群のポジショニングに関しては、バイエルンのチアゴ・アルカンタラを彷彿とさせる。もしかしたら分かりづらいかもしれないけど、オフ・ザ・ボールの時のシミッチのポジショニングは一度、注意して見てほしい。
 
 フロンターレの助っ人選手も負けていなかった。チームとしては1点ビハインドで、まずは追いつこうとしていたけど、どこか攻めあぐねているように見えた。そうした状況で、途中出場のダミアンが結果を出した。低い弾道のシュートで同点弾を突き刺す。与えられた時間でしっかりと自分の仕事をこなすあたり、これぞ助っ人という活躍ぶりだった。
 
 CBのジェジエウもパワフルかつ迫力あるディフェンスで、最後まで奮闘していたね。ジョーとのマッチアップは見応え十分だったよ。

【川崎 1-1 名古屋 PHOTO】白熱の師弟対決はドロー決着・・・!川崎ゴール裏に話題の"あの人"を発見!

1/2ページ

最終更新:5/18(土) 7:17
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事