ここから本文です

【横浜|採点&寸評】圧巻の4発完勝! 遠藤、三好と東京五輪世代のアタッカーが躍動

5/18(土) 16:22配信

SOCCER DIGEST Web

1失点も好守連発の朴は及第点以上の評価

[J1第12節]横浜4-1神戸/5月18日/日産スタジアム
 
【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
持ち前のポゼッションで相手を押し込み、チャンスを確実にモノにして危なげなく勝利。守備も最後まで集中して隙を与えなかった。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
1 朴 一圭 6.5
最後の最後に失点を許したが、それ以外はビッグセーブ連発で勝点3に大きく貢献した。
 
DF
33 和田拓也 6
スペースに顔を出して、テンポ良くボールを動かす。ポゼッションを高める働きぶり。
 
13 チアゴ・マルチンス 6
不用意なボール逸やファウルが散見。それでも、局面の勝負ではタイトに守り抜いた。
 
44 畠中槙之輔 6
フィジカル勝負で盤石の強さ。前に出ていく時とステイする時の判断も悪くなかった。
 
5 ティーラトン 6
狙いすましたクロスで三好の1点目をアシスト。本職の守備では寄せが甘い場面も。
 
MF
6 扇原貴宏 6.5
積極的にプレーに絡み、チームを躍動させる。守備のリスクマネジメントも問題なし。
 
8 喜田拓也 6.5
機を見て敵陣深くに侵入。自陣では高い危機察知能力を見せてピンチを未然に潰した。
 
9 マルコス・ジュニオール 6.5(80分OUT)
受けて、捌いて、走って、攻撃を活性化。勢いをもたらす先制ゴールも叩き込んだ。

【PHOTO】横浜F・マリノスを彩る美女チアリーダー『トリコロールマーメイズ』!

途中出場の李、三好が期待に応える

FW
23 仲川輝人 5.5(71分OUT)
右サイドで起点となるも、ラストパスなどが雑。自慢の俊足では脅威を与えたが……。
 
30 エジガル・ジュニオ 5.5(63分OUT)
なかなかボールを収めることができず。後半開始早々のシュートは枠に飛ばなかった。
 
MAN OF THE MATCH
11 遠藤渓太 7
M・ジュニオールと李のゴールをアシスト。抜群の突破力で左サイドを制圧した。
 
途中出場
FW
20 李 忠成 6.5(63分IN)
遠藤のお膳立てから貴重な追加点をゲット。その他でもゴールチャンスに絡んだ。
 
MF
41 三好康児 7(71分IN)
右ウイングで途中出場し、敵の戦意を挫く2ゴール。非凡な決定力を見せつけた。
 
MF
10 天野 純 ―(80分IN)
三好の2点目につながる強烈ミドル。出場時間が15分未満のため採点なし。
 
監督
アンジェ・ポステコグルー 6.5
中盤を厚くするシステム変更が奏功。交代策も当たり、力強く勝点3をゲット。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:5/18(土) 18:06
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事