ここから本文です

【FC東京】疑念から確信へ。久保建英はJ1制覇への最大のキーマンだ

5/18(土) 17:12配信

SOCCER DIGEST Web

才能を見せつけた浦和戦

 今季の開幕当初は、久保建英の実力を疑問視していた。1節の川崎戦に続き、2節の湘南戦でもゴールやアシストはない。確かにボールを持てば前線や中盤で抜群のタメを作り、さらに絶妙なパスを通すシーンもあった。

【動画】札幌戦、久保建英&小川諒也のゴール!


 しかし、川崎戦でのポストを叩いたFKを繰り返し流すTVのスポーツニュースを観て、独り言のように呟いてしまった。「結局はノーゴールじゃん。過大評価されてない?」と……。
 
 湘南戦後に「結果を求めてやっている」とコメントした久保も、この段階でゴールもアシストもない状況に満足していなかったはずだ。「17歳」という話題が先行していることに本人がどんな感情を抱いているかは知る由もないが、ひとつ確かなのは、プロの世界において年齢など関係ない、結果がすべてということだ。
 
 もちろん、今季からFC東京でスタメンを張り、それだけで大きな成長との見方もできる。実際、シーズン開幕前に東慶悟はこんなことを言っていた。「久保選手からは本気で試合に出てやろうという気迫が伝わってくる。練習以外のところでも努力していて、チームにとっても良い刺激になっている」。その成果がスタメン奪取であり、それは素直に凄いことだと思った。
 
 しかし、それだけで高評価する気にはどうしてもなれなかった。むしろ「バルセロナ出身」ならスタメン奪取ぐらいは当たり前とシビアな目で見ていた。それが、3節の鳥栖戦から久保への見方が少しずつ変わってきた。

 まず評価できたのが、鳥栖戦でのアシストだ。足が止まってもおかしくない90+3分に、シルクのようなパスでジャエルのゴールをお膳立て。類まれなセンスと技術がなければ、あの時間帯にあのパスは出せない。そんな久保の才能を改めて見せつけられた決定的瞬間が、5節の浦和戦での先制点のシーンだった。
 
 久保が先発から外れた浦和戦、FC東京は明らかに攻めあぐねていた。浦和も浦和で攻撃に迫力がなく、双方とも決め手を欠いたまま時間だけが過ぎていった。そうした流れを一変させたのが、62分に投入された久保だ。変幻自在のドリブルで相手選手を煙に巻くと、75分にはセンス抜群のスルーパスで決定機を演出。このパスを東がダイレクトでゴール前に蹴り込み、最後はD・オリヴェイラがヘッドで先制弾をねじ込んだ。
 
 ここまで劇的にチームを変えられる力があるのかと、私は久保の妙技に舌を巻いた。開幕当初は懐疑的だった彼への見方も、この一戦を境にはっきりと変わった。疑念が確信に変わった瞬間でもある。

1/2ページ

最終更新:5/18(土) 18:20
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事