ここから本文です

井上尚弥、完璧ボディー! 53.4キロで計量一発パス ロドリゲスもクリア…WBSS準決勝

5/18(土) 1:05配信

THE ANSWER

前日計量は両者一発クリア

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が英スコットランド・グラスゴーでIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(日本時間19日早朝)に挑む。現地時間17日には会場のSSEハイドロに隣接する施設で前日計量が行われ、井上はリミット(53.5キロ)を100グラム下回る53.4キロ。ロドリゲスも53.4キロでともに一発でパスした。

【動画】「愚かだ」「最悪のミス」と非難殺到! 張本人は「俺の役割をしたまで」と主張も…WBSSが公開したロドリゲス参謀の突き飛ばしの実際の瞬間

 決戦を翌日に控え、一般のファンの前での公開計量。日本からの100人以上の応援団の姿も見える中で、井上は研ぎ澄まされたボディーを披露した。そしてロドリゲスとのフェースオフでは17秒間に渡ってにらみ合い、闘志を燃やした。

 計量後の壇上で取材を受け、「過去最強の相手。しっかりと精進して挑みたい」と力を込めた。

 井上は昨年10月のWBSS1回戦でフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に衝撃の70秒KO勝利。以来、224日ぶりのリングに上がる。権威ある米専門誌「リング」の最新のパウンド・フォー・パウンドでは7位。事実上の決勝戦とも目される、19勝(12KO)のロドリゲスとの一戦は文字通り世界が注目するメガファイトとなりそうだ。

 当日はもう一方の準決勝を勝ち上がった5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)も来場する予定。準備は整った。後はリングに上がるだけだ。

 またこの試合はIBFの規定により、統一戦とは認められず、井上がIBF王座に挑むという格好になる。勝てばWBA、IBFの2冠王者となる。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:37
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事