ここから本文です

「明らかに入っていた」 浦和GK西川、“誤審”直後の戸惑い「何が起きているのか…」

5/18(土) 9:27配信

Football ZONE web

湘南戦で起きたゴール取り消しのミス “失点した”西川が証言「切り替えようという思いで…」

 浦和レッズのGK西川周作は、17日のJ1第12節、ホームに湘南ベルマーレを迎えたゲームに2-3で敗れた試合後、試合中に起こった衝撃的なミスジャッジについて「初めての経験で、何が起きているのか分からなかった」と、戸惑いを隠せなかった。

【動画】J1第12節「浦和vs湘南」で前代未聞の大誤審! 湘南MF杉岡のシュートがネットを揺らすも… まさかの“ノーゴール判定”となった問題のシーン

 浦和が先に2点を奪って迎えた前半31分に、問題の場面は起こった。湘南は中央に入ってきたMF杉岡大暉がペナルティーエリアのすぐ外から左足を強振。そのボールは右ゴールポストを叩き、左のサイドネットに吸い込まれた。勢いの残っていたボールは、ゴールから自然に外に出てきた。ボールを拾った西川が前方に投げると、主審の山本雄大レフェリーはゴールを認めずにプレー続行を指示した。

 その瞬間、西川の立場から見える起こったことや把握できたことがなんだったのかを問いかけると、このように話している。

「(シュートが)ポストに当たって、入るな、入らないでくれという思いがまずはあって。ただ明らかに入っていたのですぐにボールを取って、切り替えようという思いでボールを前に投げて。僕も周りに声をかけていたなかでスタートされていて、相手チームも当然びっくりしたでしょうし、見に来てくれた方もびっくりしたと思います。切り替えようという思いで投げたら、それが始まっていたと。ちょっと理解できなかったです」

 試合が終わってみて、湘南の曺貴裁監督の記者会見において「逆の立場だったら、GKにゴールを認めるように主審に言わせるのは酷だと思うか?」という質問も出た。曺監督は「浦和の選手が早く始めようという気持ちも分かりますし、レフェリーが判定するものなので、ノーゴールと言えば、彼らはそのまま進めるべきですし、それは良かったとも悪かったとも思っていない」という見解を示した。

 一方で、浦和はそのミスジャッジがあった直後のプレーでカウンターのような形になり、FWアンドリュー・ナバウトが湘南のGK秋元陽太と1対1になるところまでいった。結局、そのプレーは秋元がストップして、そこで発生した接触でナバウトは負傷交代を余儀なくされた。ナバウトは「もちろん(ゴールが)入ったと思ったので。ただ、笛が鳴らないで続いたので、そのままプレーを続けました。オフサイドか何かがあったのかなと思いました」と話している。

1/2ページ

最終更新:5/18(土) 12:47
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事