ここから本文です

J1神戸が泥沼のリーグ7連敗 吉田監督が敗因分析「橋本が足をつったあたりから…」

5/18(土) 16:19配信

Football ZONE web

途中出場の横浜FM三好が2ゴールと躍動、ウェリントンが1ゴール返すも神戸敗戦

 低迷が続く13位ヴィッセル神戸は18日、J1第12節で7位の横浜F・マリノスと対戦した。敵地に乗り込み連敗脱出を図った神戸だったが、前半31分にショートカウンターからFWマルコス・ジュニオールに先制点を奪われた。後半には途中出場のFW李忠成とMF三好康児に得点を決められた神戸は、アディショナルタイムにFWウェリントンが得点するもすでに勝負は決しており、1-4で大敗した。神戸はこれでリーグ戦7連敗となり、泥沼から抜け出すことはできなかった。

 リーグ戦6連敗中の神戸は、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキーがメンバーから外れて欠場。元スペイン代表FWダビド・ビジャとウェリントンが2トップを形成する4-4-2で試合に挑むことになった。

 対する横浜FMは、攻撃の軸となる三好とMF天野純がベンチスタート。MF扇原貴宏を先発させて、MF喜田拓也と2ボランチを組む布陣でキックオフを迎えた。

 試合序盤には、この試合で右サイドハーフとして起用されたDF西大伍からのクロスをビジャがボレーで合わせるなど、神戸が横浜FM陣内に攻め込む展開となる。しかしビルドアップでのミスが出始めると、横浜FMがカウンターでチャンスを作り始めた。そして、前半31分にサイドチェンジのボールを奪ったMF遠藤渓太がドリブルで駆け上がり、M・ジュニオールへスルーパス。これをダイレクトで蹴り込んだM・ジュニオールが得点を挙げ、横浜FMが先制して前半を終えた。

吉田監督は前半の内容を一定評価 「守備のところは強く行けていたが…」

 後半に入り、サイドのスペースを突いた神戸が横浜FMゴールの迫る場面も見られたが、ビルドアップでの精度を欠いて横浜FMにチャンスを与えてしまうことになった。後半22分には左サイドを抜け出した遠藤がドリブルでエリア内に進入し、GKを引きつけてから中央へボールを送り込んだ。そのボールを途中から出場した李が押し込み、横浜FMが2-0と神戸を引き離した。

 さらに、同37分には左サイドを突破したMFティーラトンからのクロスを、途中出場の三好がボレーで合わせてチームの3点目を決めると、同45分にもGKがはじいたボールを拾った三好が落ち着いて相手をかわしてシュートしチームの4点目を挙げて勝負を決めた。

 その後、アディショナルタイムにウェリントンが右からのクロスを押し込み得点したが、すでに勝負あり。1-4で敗れた神戸は泥沼のリーグ7連敗を喫し、サポーターからは厳しい声が投げかけられていた。

 敗れた神戸の吉田孝行監督は「前半の最初から自分たちのやろうというプランで守備のところは強く行けていたが、ただ何度かカウンターを食らったなかで失点した」と振り返りつつ、「それでもやろうとしていること自体は前半、明確にあった」と言及。また後半19分にMF橋本和が交代したが、後半途中からバランスが崩れたと語る。

「後半、橋本が足をつったあたりからバランスが崩れて、スペースを空けていってやられた。前半何度かチャンスはあった。そのあたりを決めていたらまた違うことになったかもしれない」

Football ZONE web編集部

最終更新:5/18(土) 17:03
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事