ここから本文です

J1、J2、J3今節の見どころは? “メッシ対決”は実現なるか。興味深い経歴のJ3リーガーも

5/18(土) 7:00配信

フットボールチャンネル

FC東京対北海道コンサドーレ札幌

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
FC東京対北海道コンサドーレ札幌 5月18日 14:00

【動画】J1ポジション別ベストプレーヤー

注目選手
MF:久保建英(FC東京)
MF:チャナティップ(札幌)

 安定した戦いで首位を快走するFC東京。攻守に堅実で、相手の隙を的確に突ける。長谷川健太監督が率いるチームには、これといった“穴”が見当たらない。前節のジュビロ磐田戦は相手に粘られて終盤まで得点を奪えなかったが、84分に試合が動いた。ゴールを決めたのは久保建英だ。

 セットプレーのこぼれ球に素早く反応。ボールの行方を察知し走り込むと、得意の左足でボレーを放った。難しいシュートだったが、狙い澄ましたかのようにゴール右隅に決めてみせた。

 北海道コンサドーレ札幌は前節、松本山雅FCと対戦。一進一退の攻防の末、スコアレスドローに終わっている。タイ代表のチャナティップが負傷欠場したのが痛かったか。チャンティップはキレと技術を備えたプレーで相手にダメージを与えるなど、攻撃のキーマンとなっている。

 このカードでは“メッシ対決”が実現する可能性がある。左利きでバルセロナの下部組織育ちということもあり、久保は和製メッシと呼ばれた。また、チャナティップはタイのメッシである。

 2人ともメッシになぞらえるまでもなく特別な選手だ。彼らの競演が見られれば試合はさらに盛り上がるのではないか。

ジュビロ磐田対ベガルタ仙台

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
ジュビロ磐田対ベガルタ仙台 5月18日 14:00

注目選手
GK:カミンスキー(磐田)

 ジュビロ磐田がベガルタ仙台をホームに迎える一戦。下位の両チームとしては、この“直接対決”で是が非でも勝利がほしいところだ。

 仙台はなかなか調子が上がらなかったが、前節はサンフレッチェ広島に勝利している。開始早々に先制を許し、後半終盤までゲームは進んだ。敗色濃厚の中で86分、ハモン・ロペスのゴールで同点に追いつくと、アディショナルタイムに松下佳貴がネットを揺らして逆転に成功した。

 対する磐田は前節、首位のFC東京と対戦。久保建英に今季リーグ戦初ゴールを献上するなど、望まぬ形で人々の注目を集めることになってしまった。それでも、守備はまずまず機能していた。相手のダイナミックな攻めにも落ち着いて対応し、無失点の時間を長くしながら活路を探るという戦いができた。

 チーム全体の粘り強さはもちろんだが、最後尾にカミンスキーがいることが大きい。昨季はらしくないミスで失点を喫することもあったが、今季は再び神を宿している。FC東京戦でも少なくとも2点は防いでおり、まさに守護神と言えた。ポーランド人GKの大奮闘もあり、磐田のここまでの失点は『11』。これは勝ち点が一桁台のクラブの中で最も少ない数字である。

 磐田としては神GKが自陣ゴールに鍵をかけ、何とかチーム全体で相手ゴールをこじ開けたい。

1/3ページ

最終更新:5/18(土) 7:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事