ここから本文です

古巣にコウチーニョ再獲得勧めるリバプールOB「ああいう選手が足りない」

5/18(土) 21:32配信

フットボールチャンネル

 元リバプールのジェイミー・キャラガー氏は古巣に対し、バルセロナへ移籍したブラジル代表MFフィリッペ・コウチーニョを再獲得することを勧めている。地元紙『リバプール・エコー』が伝えた。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 リバプールの中心選手として活躍していたコウチーニョは、2018年1月にバルサへと完全移籍。ボーナスを含めて最大1億4000万ポンド(約196億円)にも達するという巨額の移籍金が支払われたが、特に今季はその大きな期待に見合うだけの活躍を見せられていないとして批判が強まっている。

 チェルシーやパリ・サンジェルマンなどがコウチーニョの獲得に関心を示しているとも噂される。だがキャラガー氏は、マンチェスター・シティとの激戦の末に悲願のプレミアリーグ優勝をまたも逃したリバプールにとって、コウチーニョは必要なピースだと主張している。

「積極的に獲りに行くということではないが、バルサが損失を回収することを望み、それなりの金額でコウチーニョを連れ戻せる可能性があるとすれば、私なら獲りに行くだろう」とキャラガー氏は語る。

「リバプールにはああいう選手が足りない」と同氏は続けている。シティがベルナルド・シルバやダビド・シルバ、ケビン・デ・ブルイネらを中盤に擁しているのに対し、リバプールには創造性に優れた選手が欠けていたとの見方だ。

 今季チャンピオンズリーグでバルサとリバプールが対戦した際には、古巣アンフィールドでブーイングを浴びたコウチーニョ。だがキャラガー氏はサポーターに向け、もしコウチーニョが復帰するのなら歓迎すべきだとも訴えている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/18(土) 21:32
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事