ここから本文です

「無敗のオークス馬」は過去4頭だけ。絶好枠13番のラヴズオンリーユーは?

5/18(土) 9:01配信

Number Web

 平成最後のクラシックとなった皐月賞を、サートゥルナーリアが無敗で制した。令和最初のクラシックとなる第80回オークス(5月19日、東京芝2400m、3歳牝馬GI)も、無敗馬が頂点に立つのだろうか。

 そのチャンスを有する馬はただ1頭。新馬、白菊賞、忘れな草賞と3連勝でここに来たラヴズオンリーユー(父ディープインパクト、栗東・矢作芳人厩舎)である。

 もし勝てば、1943年クリフジ、'46年ミツマサ、'57年ミスオンワード、2006年カワカミプリンセスに次ぐ13年ぶり、史上5頭目の「無敗のオークス馬」となる。

 ちなみに、「無敗のダービー馬」は'06年のディープインパクトまで10頭出ている(前出の牝馬クリフジも)。うち6頭が皐月賞も制した「無敗の二冠馬」だ。が、前記の無敗のオークス馬のうち桜花賞も勝った「無敗の牝馬二冠馬」はミスオンワードのみ。

 牝馬のほうが、牡馬より無敗馬が出現しづらいのはなぜか。

2400mと突出して長いオークス。

 ただでさえ牝馬は繊細なことに加え、難しい思春期に相当する3歳春は、心身ともに不安定になりがちだ。自身が力を出し切れないこともあれば、他馬がいきなり大駆けすることもままある。

 また、前哨戦を含めた牝馬クラシック路線において、オークスだけが2400mと突出して距離が長い。スピードを武器に連勝してきた馬が、距離適性の差で負けてしまうことがよくある。逆に、2400mのオークスで強さを発揮するタイプの馬は、桜花賞までの短距離戦で取りこぼすことが多い。

 1984年のグレード制導入以降、13頭の無敗馬がオークスに参戦したが、勝ったのはカワカミプリンセスしかいない。

 敗れた馬のなかには、「無敗の桜花賞馬」だったアグネスフローラ('90年、2着)、シスタートウショウ('91年、2着)、ダンスインザムード('04年、4着)といった女傑もいる。

 かくも、無敗でオークスを勝つのは難しいことなのだ。

1/3ページ

最終更新:5/19(日) 11:41
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

980号
6月13日発売

特別定価600円(税込)

The BIG FLY SENSATION
ホームランが止まらない。

【スペシャルインタビュー】 大谷翔平「強打者の本能」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい