ここから本文です

レーシック「50代以上は安易に受けるべきではない」と眼科医

5/19(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

「近視が劇的に回復する」とあっという間に市民権を得たレーシック手術だが、相次ぐ事故やトラブルにより手術件数は2008年から2014年で9割減となった。

 たびたび賛否両論が巻き起こるが、「トラブル事例は報告されているものの、受けた人の満足度が高い眼科手術の1つです」と道玄坂加藤眼科院長の加藤卓次さんは言う。ただし、50代以上は「安易に受けるべきではない」が正解のようだ。

「50代以上のかたが受けた場合、すでに老眼だったり、受けてから老眼になってしまったりする人もいる。その場合、視力が矯正されて遠くははっきり見えても、手元が見えづらくなってしまう。その時“手術前よりも見えづらくなった”と思っても、角膜を削っているから、元の状態に戻すことができないのです」(加藤さん)

 二本松眼科病院の眼科医・平松類さんはレーシックよりも、白内障手術のタイミングに合わせて、「多焦点眼内レンズ」と呼ばれる遠近両用のレンズを入れることをすすめる。

「白内障の手術では、水晶体を取り除いて人工のレンズを入れますが、その際に、遠視や近視だけでなく老眼も矯正してくれる効果を持つ多焦点眼内レンズを入れることも可能です。白内障を治す時に行えることから最近増えています。白内障手術と同じなので、リスクもそれほど高くありません」

 ただし値段は、白内障手術の約10倍。

「白内障だけを矯正する人工レンズであれば保険が適用されるため、3割負担で3万~5万円ですが、多焦点眼内レンズは自由診療となり、30万円ほどかかります。ただ、レーシックも同じくらいの値段がかかるため、もし50代以上でレーシックを受けようと考えているかたには、間違いなく多焦点眼内レンズがおすすめです」(平松さん)

※女性セブン2019年5月30日号

最終更新:5/19(日) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事