ここから本文です

脂肪燃焼を期待してランを始めるならLSD。成功させる4つのポイント

5/19(日) 7:00配信

Tarzan Web

脂肪燃焼を期待してランを始めるなら、LSD(ロング・スロー・ディスタンス)で始めてみよう。走って痩せるメカニズムを解説した記事に続き、LSDでダイエットを成功させる4つのポイントを紹介します。[監修/鍋倉賢治(筑波大学体育系教授)]

1. 距離ではなく、時間を目安にする。細切れでもOK

長く走るほど体脂肪は燃えてくれるが、忙しい身の上だからいつまでも走っているわけにはいかない。目安を決めよう。

基準は距離ではなく時間。距離にこだわると早く終えたくなり、いつしか笑顔で会話が続かないスピードにアップし、体脂肪が燃えにくくなる恐れがある。初心者がLSDを始めるなら1セッション1時間が妥当。どんなペースだろうが、1時間走ると決めると、ペースアップが避けられてニコニコペースを守りやすい。

いまだに20分しないと体脂肪は燃えないと頑なに信じ込んでいる人もいるようだが、ニコニコペースならハナから体脂肪は燃えている。ゆえに1時間まとめて走るのが嫌なら、30分×2回、20分×3回、15分×4回などと分割してもOK。しかもトータルの走行時間が同じなら、むしろ細切れにした方が痩せやすい。

「その鍵を握るのは、運動後に酸素消費量が増えるEPOCという現象です」(鍋倉先生)。運動後は消耗したカラダを安静状態にリセットするためにEPOCで酸素が多く消費されており、その際体脂肪が燃えている。走る回数が増えるほどEPOCが続くチャンスが増えるから、細切れの方が痩せやすくなるというワケ。

2. ランエコの高いフォームを守る。着地は足裏全体で

燃費の良いクルマの方が長くドライブできるように、ゆっくり長く走り続けるには「走りの経済性(ランニングエコノミー)」の良い効率的なランが求められる。同じ距離を走ったとき、酸素消費量がより少ないほどランエコは高くなる。

ランエコを左右するのはフォーム。重心の真下に着地し、着地衝撃を推進力に変える走りがベストだ。そのために腹圧を高めて背すじを伸ばし、骨盤をやや前傾させてヘソから前へ前へと進む意識を持つ。そして振り出した足を重心の真下に落とそう。

気をつけたいのは着地。「初心者のうちからミッドフット着地を心掛けた方がいいでしょう」。ミッドフット着地とは足裏全体で着地する方法。2017年のテレビドラマ『陸王』でも話題になったが、ミッドフット着地だと着地衝撃をロスなく推進力に変えやすく、上下動が少なくランエコが高くなり、疲れずに長い距離が踏める。

踵から着地するヒールストライクだと1歩ごとにブレーキになりやすく、前足で着地するフォアフット走法だとふくらはぎやアキレス腱への負荷が大きくなる。さらにゆっくり走るなら歩幅を広げるストライド走法より、歩幅を抑えて回転数を上げるピッチ走法の方が相応しい。

1/2ページ

最終更新:5/19(日) 7:00
Tarzan Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事