ここから本文です

井上尚弥、衝撃KOに海外メディア絶賛の嵐「獰猛ボディショット」「PFP最強の議論白熱」

5/19(日) 10:03配信

THE ANSWER

259秒KO勝ちを各国メディアが続々報道「ロドリゲスを2ラウンドで破壊」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回1分19秒TKO勝ち、新たにIBF王座を獲得し、2団体王者となり、決勝で5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と激突する。各国メディアもモンスターの強さに脱帽。「獰猛なボディショット」「非情な猛攻」と称賛の嵐を巻き起こしている。

【動画】日本が、世界が衝撃! ロドリゲスは膝を突き、顔面蒼白で戦意喪失…2回KO勝ちした井上の“鮮烈ダウン”の実際の瞬間

 初上陸の欧州でモンスター伝説を刻み込んだ。2ラウンド開始30秒に井上は一気ギアを上げた。左のショートフックでロドリゲスからダウンを奪うと、次は右のボディで2度目のダウン。鼻から鮮血を走らせたロドリゲスは茫然自失の表情で首を横に何度も振った。そして、3度目のダウンで259秒TKO勝ちで圧勝。グラスゴーから放たれた衝撃は瞬く間に世界へ広がった。

 開催国・英国の地元紙「イブニング・スタンダード」は「ナオヤ・イノウエがエマヌエル・ロドリゲスを2ラウンドで破壊」と速報。「モンスターはボクシング界で最もエキサイティングなファイターの1人という評価をあっという間に築いたが、彼のハイライト集に新たなKO劇が加わった。WBSS準決勝の破壊的なパフォーマンスとともに」と報じている。

 2度目のダウンを奪った右のボディについて「愚かだったのかもしれない。立ち上がったロドリゲスだが、どう猛なボディショットで次の瞬間にマットに倒されるだけだった」と独特の表現で称賛。259秒決着については「焼け付くような突風」と評した。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「イノウエがロドリゲスとの準決勝を支配」と速報。最強パンチャーについて「横浜出身のベビーフェイスの暗殺者」と報じ、ドネアとの決勝については「高速のノックアウトに加え、パンチ力、タイミング、そして、スピードというスリリングなパフォーマンスで決勝も大本命になるだろう」と予想している。

1/2ページ

最終更新:5/19(日) 15:36
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事