ここから本文です

新おしゃれクイーン、ルーシー・ボイントンのドレスアップ集【後編】

5/19(日) 20:10配信

25ansウエディング

映画『ボヘミアン・ラプソディ』で大ブレイクし、今一番輝いている女優のルーシー・ボイントン。彼女の大人ガーリーなドレスアップとハイレベルなヘアメイクは、ウエディングはもちろん、パーティシーンやお呼ばれの機会にもぴったり。感度の高いプレ花嫁の参考になること必至です。

ベージュドレス×編み込みヘア

肌の透明感を引き立てる「ミュウミュウ」のベージュレースドレスは、胸下のパールのベルトが視線を上にあげ、スタイルアップ効果抜群。フロントをざっくりと編み込んだ王冠風のアップヘアも、フェミニンなドレスの雰囲気にマッチしています。

マチュアなムード漂うパープルドレス

2019年アカデミー賞授賞式に選んだ「ロダルテ」のドレスは、こっくりとした発色の美しいパープルと女性らしいオフショルダーが印象的。'50年代風のグラマラスなヘアメイクでいつもよりぐっと大人っぽいムードに。正統派のタキシードルックに身を包んだラミとのバランス感も◎。

ツイードのセットアップドレス

黒のパイピングが目をひくツイードのセットアップドレス、ミニバッグ、シューズと全身白の「シャネル」でコーディネイトした令嬢風スタイルのルーシー。お得意のキュートなキャットアイで、コケティッシュな魅力が炸裂しています。

全身をフローラル柄で統一

フィット&フレアのシルエットがクラシカルな、英国ブランド「アーデム」のフローラル柄ドレスにセットのシューズを合わせて。ロマンティックなドレスには、甘くなりすぎないダークなメイク、というのがモード上級者の彼女ならではの法則です。

ゴールドドレスでグラマラスに

2019年のゴールデングローブ賞のレッドカーペッドにて。胸元に深く切り込んだプランジネックラインやスリットが目をひく「セリーヌ」のゴールドドレスで、いつもよりグッとセクシーでグラマラスな存在感を漂わせたルーシー。大胆な肌見せドレスも、清潔感あふれる彼女なら下品に見えません。

Text TOMOKO NOURRY

最終更新:5/19(日) 20:10
25ansウエディング

記事提供社からのご案内(外部サイト)

25ansウエディング

ハースト婦人画報社

2018~2019 Winter
2018年12月7日発売

1500円+税

『25ansウエディング』は、人生最大のイベントである結婚を真剣に捉えるふたりのために「真のラグジュアリー・ウエディング」を提案します。年間4種類。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事