ここから本文です

強いクラブ経営で地域活性化目指す千葉ジェッツ社長

5/19(日) 12:12配信

Wedge

統一プロリーグが発足するも市場規模がまだまだ小さい日本のバスケットボール業界。そこに新たな風を吹かせ、クラブと地元地域を活性化させようと奔走する一人の経営者がいる。

 「千葉ジェッツ」。バスケに興味がある人で、このチームを知らない人はほとんどいないだろう。NBAで選手契約したこともある富樫勇樹を抱え、日本男子プロバスケットボールリーグ(Bリーグ)年間観客動員数1位、天皇杯3連覇、チャンピオンシップ準優勝と名実ともに日本バスケ界のトップを走るチームだ。しかし、ジェッツは数年前まで弱小チームで、アリーナは空席だらけ、1億5000万円もの赤字を出して破たん寸前だった。それを救ったのがバスケとは無縁の起業家、島田慎二だった。

 面識のあったジェッツの会長から依頼を受け、2012年からクラブの経営を担う。島田が真っ先に取り組んだのが、チームの勝率アップでもファンサービスでもなく、確固たる経営基盤の構築だ。

 「経営陣はバスケ好きの集まりで、『子供たちに夢を与えたい』と語るのですが、金を稼ぐというビジネスへの意識が抜け落ちていました。12年当時は月給がたった5万円の選手もおり、翌月のチームの存続さえ不透明な状況でした。スポンサー料を前借りして運転資金を確保し、自社株を買い戻して意思決定を迅速化させ、曖昧だった社員の業績評価を徹底するなど、経営を一から立て直し、稼ぐための体制を整えました」

 稼ぐためには休む暇はなかった。観客が少なければスポンサーから見放され、ジェッツは終わってしまう。そこで、選手の補強に資金を投じると共に、アリーナ演出を豪華にするなど、観客数を増やすアプローチへ舵を切った。特に力を入れたのが、地元との繋がりの強化だ。市内の学校や幼稚園でチラシを配布したり、試合前には小学生チームの試合をセッティングし、子供だけでなくその両親、祖父母を呼び込む工夫もした。他にも地元大学のチアリーディング部とコラボしたハーフタイムショーを行ったり、企業の創立記念イベントに選手が参加するなど、地道な活動を重ねてきた。

 「地域から愛される存在にならなければクラブ経営は成り立ちません。観客が増えてチームの価値が上がれば新たなスポンサーがつき、クラブが豊かになり、さらにファンサービスも充実していきます」。ジェッツは年間150~200回もの地域イベントに参加している。

 「日本のプロバスケ業界は、クラブ経営をビジネスとして戦略的に行う意識がまだ低い」と感じていた島田は昨年まで、クラブ経営者を対象として「島田塾」と銘打った経営力向上のための勉強会を行っていた。ジェッツが死の淵から這い上がってきた軌跡がすべて教材となっていた。

 「バスケ業界全体が盛り上がれば、我々が得られる果実も増えます。経営では手を組み、コート上で競争すればいい。多くの観客が商店や飲食店を利用し、遠方から来た人はホテルに泊まる。各地域のクラブチームが費用対効果の高いコンテンツであることを証明すれば行政支援も進み、クラブも地域も活性化していきます。プロスポーツが地域活性化を生む大きな可能性を秘めていることを実証していきたいです」

Wedge編集部

最終更新:5/19(日) 12:12
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年7月号
6月20日発売

定価500円(税込)

■特集1 米中制裁ドミノ――ファーウェイ・ショックの先
■特集2 迷走するニッポンの英語改革
■留学生の「就職解禁」で加速する移民政策
■横行する盗伐 林業王国宮崎県の「闇」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事