ここから本文です

セレブがお手本!華やかレッドヘアカラーの魅力9

5/19(日) 23:00配信

コスモポリタン

海外セレブの間で流行している赤いヘアカラーは、今年に入ってますます人気が加速中。赤系のヘアカラーは見た目に鮮やかで、大胆なイメージチェンジをしたい時にぴったり。 
ただ、一言で赤と言ってもヴィヴィッドやダークトーンなどその種類はさまざまで、いざヘアサロンでオーダーするとなると、理想の色味に近づけるにはなかなか難しいもの。

【写真】印象がガラッと変わる!地毛の色が違うセレブたち

そこで、<Good Housekeeping>がピックアップしたレッドヘアカラーが似合うセレブ9人を紹介。彼女たちの髪色を参考に、サロンでイメージ通りのヘアカラーにしてもらいましょう。

エマ・ストーン:オレンジレッド

インパクトのあるイメチェンをしたい人におすすめなのが、燃えるように赤みがかったオレンジレッド。ベースのカラーそのものも情熱的で素敵だけど、エマのようなゴールドのハイライトと、より深い赤のローライトを仕込んでこそ完璧なカラーリングが完成します。

ドリュー・バリモア:ディープルビー

ダークトーンのままルビーのような赤い髪色にしたい場合は、ドリューのような深みのあるカラーが正解。あまり派手にせず、ニュアンスで赤を楽しみたいという人におすすめです。陽の光に当たると、透けるような色味でかわいさ抜群。

クリスティーナ・ヘンドリックス:ブライトポピー

人気ドラマ『マッドメン』のジョーン役で知られるクリスティーナ。彼女のシグネチャーとなった大胆な赤毛は、色鮮やかなポピーの花のよう。色落ちを防ぐ専用シャンプーを使うのが、きれいなカラーを保つポイント。

デブラ・メッシング:グロッシーガーネット

思わず目を惹くツヤと深みのあるガーネットカラー。視線を集めたいシチュエーションでチャレンジしたい、大胆な髪色です。

アイラ・フィッシャー:リッチジンジャー

部分的に赤のハイライトを入れて、立体感を演出したアイラのヘアカラー。ツヤ感たっぷりに仕上げるのがポイント。赤のカラーシャンプーを使うことで、より鮮やかな色がキープできるはず。

ジュリアン・ムーア:ボールドカッパー

カッパー系のヘアカラーは肌馴染みが良いところが◎。ジュリアンのような落ち着いた清楚なカラーなら、オフィスシーンでも安心。

ブリタニー・スノウ:シナモン

ブロンドのイメージが強かったブリタニーも、シナモンのような絶妙なレッドカラーにチェンジ。赤みを抑えた気取らないエフォートレスなスタイルは、シンプルなのにとっても洗練された印象に。

マデリーン・ブルーワー:スカーレット

やや黄色味がかった明るいスカーレットは、意外と髪に馴染みが良い魅力的なカラー。肌の色を美しく見せる効果も。

エリー・ケンパー:ブリックレッド

温かみのあるブリックレッドは、優しい雰囲気が演出できるカラー。ぬくもりを感じる色合いで、自然体な愛らしさを引き出してくれます。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:5/19(日) 23:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事