ここから本文です

サラ・ジェシカ・パーカー、夫婦の不仲説をSNSで一蹴!

5/19(日) 20:21配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 先日、夫マシュー・ブロデリックとの不仲説が報じられたサラ・ジェシカ・パーカー。この報道に対し、サラ本人が反論! インスタグラムで秀逸な返しを披露した。
 サラは先日、タブロイド誌『ナショナル・エンクワイアラー』から届いた「サラ・ジェシカ・パーカーとマシュー・ブロデリックの怒鳴り合いのケンカをキャッチしました。これに関して一言コメントをお願いします」という内容のメールを、インスタグラムにアップ。

【画像】サラ・ジェシカ・パーカーのおしゃれ遍歴

そして、ロンドンで舞台デビューを果たしたマシューに会うためロンドンを訪れたが、「怒鳴り合いのケンカはなかった」と関係悪化の噂を否定し、このような“タブロイド・ハラスメント”に10年以上悩まされていることを明かした。

「この10年間、こうしたメールが定期的に送られてくる。嘘で固められた、不名誉なナンセンスがね。今年も5月19日の結婚記念日直前になって、『ナショナル・エンクワイアラー』がロンドンで過ごした素敵な4日間に関する根拠のない話をでっち上げて、私と夫の関係を悪化させようとしている」

「ロンドン滞在中、レストランや路上での『怒鳴り合いのケンカ』や意見の対立なんてなかった。私も子供たちも、彼のやっていることに大きな誇りを持っている」

「いろいろ考えた結果、メディアから定期的に送られてくるメールの典型例をシェアすることにした。彼らが掲載すると脅迫してきた記事に、私と広報担当者からのコメントや、真実が一切含まれていないなんてあり得ない」

「ねえ、『ナショナル・エンクワイアラー』とその姉妹誌たち。たまには、結婚22周年や27年にわたる夫婦の絆をお祝いしてみたら? だって私たちの愛やコミットメント、リスペクト、家族、家庭は、もう少しで30年周年を迎えるのよ。とめどないハラスメントやインクの無駄遣いはもうやめたら? それなら“信頼できる情報筋”からの“スクープ”が書けるのに」

そんなサラの投稿に対し、多くのセレブたちが反応している。グウィネス・パルトロウは「お見事な返し。そして結婚記念日おめでとう」、ジェシカ・アルバも「私もそう思う」とコメントしていた。サラのごもっともな意見に、セレブたちも強く共感している様子。

Translation: Reiko Kuwabara From Harper’s BAZAAR UK

最終更新:5/19(日) 20:21
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事