ここから本文です

【vs CBR250RR】ヤマハ新型YZF-R25【3番勝負!】新旧/ニンジャ250/CBR250RR[#03]対決&メカニズム比較

5/19(日) 17:30配信

WEBヤングマシン

ニンジャ250:オーソドックスな足まわり

今回の比較では最新型唯一の正立フォークを採用。インナーチューブはφ41mmの大径とし、剛性を確保している。リヤサスはリンク式で、スイングアームマウントはエンジン背面にプレートを結合する、H2と同様の方式を採用した。トレリスフレームにもH2のノウハウが生きている。

CBR250RR:トラス構造のフレーム採用

骨格は鋼管トラス構造とし、ガセット類など細部の調整でライディングフィールもチューニング。アルミ製スイングアームは左右非対称のガルアーム形状とし、マフラーの外側への張り出しを抑えた。リヤサスはリンク式だ。倒立フォークのインナーパイプ径はφ37mm(R25と同じ)だ。

WEBヤングマシン編集部:ヨ

3/3ページ

最終更新:5/19(日) 17:30
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事