ここから本文です

低炭水化物ダイエットの味方! パンの代わりに卵を使った「エッグウィッチ」の作り方

5/19(日) 17:10配信

ライフハッカー[日本版]

アメリカ人は、何事も質より量をこなすことが得意なようです。

これは食事の仕方にも当てはまることが、人々のウエストがどんどん太くなっていることで証明されています。

【記事の全画像】低炭水化物ダイエットの味方! パンの代わりに卵を使った「エッグウィッチ」の作り方

結果として、ダイエットが、他の正常でヘルシーな文化ではありえないほど熱心にされています。

不必要に過酷なワークアウトだろうと何千年もの間人類の生きる糧となってきた主要栄養素をすべてカットすることだろうと、減量したいアメリカ人には極端過ぎることはありません。

そんなアメリカだからこそ「ジミー・ディーン・エッグウィッチ」が誕生して、かなりの人気を博しています。

肥満対策・ダイエットにも

焼いた卵にソーセージのパテとチーズを挟んだ「エッグウィッチ」は、アメリカの食文化のパーフェクトな産物です。肥満対策として炭水化物のパンを使っていませんし、外出先でも食べやすい形になっています。

特にサンドイッチが禁食のダイエットを実践している人には、「エッグウィッチ」はかなり嬉しい存在です。

エッグウィッチを自宅で作ってみた

しかし、私の地元の店では冷凍エッグウィッチは1箱4個入りで8ドルもしますし、いくらおいしくても冷凍食品を食べるのは、本物のヘルシー志向とは言えません。

というわけで、「エッグウィッチ」をもっと美味しく、もっと安く自分で作る方法をご紹介しましょう。

「エッグウィッチ」の作り方に特に「コツ」などありません。見てわかる通りです。

卵を2、3個フライパンに割り入れ、ソーセージを間に挟んで食べれば同じことです。しかし、本物らしさを追求したい私としては、もっと忠実に卵の「バンズ」を作りたいと思いました。

1. 型に撹拌した卵を流し込む

そのため、大きいメイソンジャーの蓋を何個か用意して、内側に油を塗り、そこに溶き卵を流し込んだ状態でお湯に入れて調理することにしました。

卵2、3個を塩、コショウ、クリームと一緒に撹拌すると、その半分の量が1個の蓋に入ることがわかりました。このやり方で卵に火を通すと、卵が焦げて茶色くなるのを防ぐ効果があります。

市販の「ジミー・ディーン・エッグウィッチ」を完璧にコピーしたいなら、玉ねぎ、ブロッコリー、ピーマンなどを細かく刻んで炒めることになりますが、そうなると45分余分に時間がかかってしまいます。

そこまで手間をかけない選択肢としては、ハーブや乾燥チーズを砕いたものを入れて風味を良くすることをおすすめします。

2. 蓋を閉めて3分たったら完成

中火程度で水がシュンシュン煮たってきたら、鍋に隙間ができないようにぴったり蓋をかぶせましょう。

3分経ったら蓋を取り、中を確認してください。卵がもともとの量よりかなり膨らんでいるはずです。でも、蓋を取ると、急速にしぼみます。

卵の色がきれいなカナリア色になっていて、液体の部分も生煮えのところもなければ、できあがりです。タオルかトングを使って取り出しましょう。

1/2ページ

最終更新:5/19(日) 17:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事