ここから本文です

コンタが前週優勝のバーテンズを倒し、ノーシードから決勝へ [女子テニス]

5/19(日) 14:04配信

テニスマガジンONLINE

 WTAツアー公式戦の「BNLイタリア国際」(WTAプレミア5/イタリア・ローマ/5月13~19日/賞金総額345万2538ドル/クレーコート)の女子シングルス準決勝で、ジョハナ・コンタ(イギリス)が第6シードのキキ・バーテンズ(オランダ)を3時間近い戦いの末に5-7 7-5 6-2で下し、クレーコートではキャリア最大となる決勝に進出した。

MOVIE|コンタ対バーテンズ、BNLイタリア国際 女子シングルス準決勝(9分30秒)

 コンタのこれに先立つクレーコートでの決勝進出は2週間前のラバトのみで、その際にはマリア・サカーリ(ギリシャ)に敗れて準優勝に終わっていた。

 この成績は来週末に始まるフレンチ・オープンに向けて、コンタの自信を大いに膨らませることだろう。バーテンズは先週のマドリッドで優勝したばかりのところだった。

 日曜日の決勝で、コンタは第4シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。プリスコバはもうひとつの準決勝で、予選から勝ち上がってきたサカーリを6-4 6-4で下して勝ち上がった。

 プリスコバはスコアを正確に覚えていなかったため、勝ったことにすぐに気づかなかった。

「4-3だと思ったのよ。気まずかったわ」と彼女は振り返った。

 プリスコバは今季、ブリスベン優勝でシーズンを始めたあと、オーストラリアン・オープンとマイアミ・オープンで準決勝に進出し、堅実に実績を重ねている。プリスコバは最近、イタリア国際で4度優勝した経験を持つコンチタ・マルチネス(スペイン)をヘッドコーチに昇任させたことを発表していた。

 第1セットの途中でコンタはべースラインからのラリーの間に突然ドロップショットのウィナーを放ってバーテンズを驚かせ、急に方向を変えようとしたバーテンズはコートの上の転倒することになった。次のゲームでコンタはドロップショットを追って走り、アングルショットで切り返してエースを奪って観客からの歓声を引き出した。

 世界ランク42位のコンタは第1セットで5-4から自分のサービスゲームを迎えたが、ラブゲームでブレークされた。しかしコンタは第2セットで最後サービスゲームをキープしてセットを取り返し、第3セットの早い段階でブレークを果たして熱戦をものにした。

「私はこのサーフェスでの自分の能力を疑ったことは一度もない」とコンタはコメントした。

「私はジュニア時代に多くのタイトルを獲ったし、プロになって最初の優勝はクレーコートでのものだったわ。私はずっと、自分にはこのサーフェスでよい成績を挙げる資質を備えたテニスを擁していると感じていた」(C)AP(テニスマガジン)

ROME, ITALY - MAY 18: Johanna Konta of Great Britain shakes hands at the net after her three set victory against Kiki Bertens of the Netherlands in their semifinal match during day seven of the International BNL d'Italia at Foro Italico on May 18, 2019 in Rome, Italy. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5/19(日) 15:09
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事