ここから本文です

子どもの成長を促す? じゃれ合いから生まれる意外な効果

5/19(日) 19:11配信

ライフハッカー[日本版]

2015年、妻と私がベイエリアからシアトルに引っ越した時、割高で平凡な賃貸の家に住みました。

【画像】子どもの成長を促す? じゃれ合いから生まれる意外な効果

リンゴの木があったり、トラックの騒音がうるさかったりしましたが、その家のいいところは、ちょうど2歳になった息子に寝室をあげられたところです。

自然光でいっぱいの息子の部屋は、動物のぬいぐるみや本やパズルであふれていて、巨大でカラフルなカーペットの上で、息子と私ははじめてレスリングをしました。

フリースタイルのレスリングの基礎を練習するだけでなく、プロのレスリングにも足を踏み入れ、最終的には自分たちだけの独自の動きを開発するに至りました。

後になってわかったことですが、妻は私がなぜ息子を優しく抱きしめるのではなく格闘するほうがいいと思うのか、最初は全然わからず、そのレスリング遊びに困惑していたそうです。

妻は、サソリ固めをマスターすることが、子育ての大事な要素になるとは想像もしたことがありませんでした。

男性のほうが身体的な遊びに付き合う傾向がある

一般的に、子どもは荒っぽい遊びをしてくれる男性を求める傾向にあります。

『Fatherneed: Why Father Care Is as Essential as Mother Care for Your Child』の著者であり、イエール大学の小児精神科医であるKyle Pruett博士は、私のポッドキャストでこのように言いました。

子どもは、じゃれ合って、格闘して遊んだり、倒されて泥んこになりたい時は、お父さんを探したほうがいいと、かなり早い段階で学びます。父親のほうがそのような遊びを許容してくれる可能性が高いかのです。

子どもとじゃれ合うメリット

当然ながら、これは片方の親がレスリングを一手に引き受けるべきだという意味ではありません。

2011年、Anthony T. DeBenedetとawrence J. Cohen両博士による共著『The Art of Roughousing: Good Old-Fashioned Horseplay and Why Every Kid Needs It』の中で、どちらの親がチョークホールドをかけてくれるかに関わらず、身体的な遊びのメリットは子どもにとって広範囲に及ぶことがわかりました。

1/2ページ

最終更新:5/19(日) 19:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事