ここから本文です

【RISE】田丸辰が初防衛に成功、2階級制覇を目指す

5/19(日) 23:08配信

ゴング格闘技

RISE 132
2019年5月19日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント スーパーフライ級(-53kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
〇田丸 辰(王者/平井道場)
判定3-0 ※49-48、49-48、50-48
●政所 仁(挑戦者/魁塾/同級2位、J-NETWORKスーパーフライ級王者)
※田丸が初防衛に成功。

【写真】初防衛に成功し、チャンピオンベルトを巻いた田丸

 田丸は昨年11月に王座に就き、今回が初防衛戦。幼い頃からの練習仲間でもある那須川天心を倒すと宣言しており、那須川も田丸の実力を認めている。9戦9勝無敗の17歳。政所は3月の挑戦者決定戦で瀧谷渉太を破り、挑戦権を手にした。RIZINでは現KNOCK OUTフライ級王者・石井一成から勝利を収めたこともある20歳。

 1R、サウスポーの田丸は左の蹴りを上中下に蹴り分けていき、政所はローと右ハイを蹴り返す。スピードのある田丸の蹴りが鋭く決まっていく。

 2R、田丸はガードを固めて待ちの体勢になり、左のカウンターを当てに行く。政所も強い右ハイを蹴り、顔面前蹴りとパンチに対抗。田丸はバックステップを多用して政所の攻撃をかわしていく。しかし、ガードを固めて待ちの姿勢をとる田丸にミドルを決めていった。

 3R、政所は得意のバックハンドブローを繰り出すと、田丸はバックステップでかわすが政所の腕が予想以上に伸びて田丸を捉える。さらに田丸のローをかわしての右ミドル。それまでの展開と入れ替わり、今度は政所が田丸の攻撃をかわして打つ展開に。しかし、田丸は政所のヒザに左右フックを合わせていく。

 4R、政所は意表を突く飛びヒザ蹴りを放ち、田丸はパンチを返していく。政所の右ストレートが田丸を捉えるが、その直後に田丸も左ストレートをヒットさせる。お互いにカウンターを警戒してか、終盤は両者見合う場面が増えた。

 5R、思い切ってパンチを打ちに行く政所。右ミドルや飛びヒザ蹴りをフェイントにパンチで迫る。田丸のパンチにヒザを合わせようとする政所。どちらかがパンチをヒットすると、すぐに相手が返すという展開だ。パンチを出しながら前に出る政所にヒットはないが、アグレッシブな姿勢が目立つ。

 勝敗は判定に持ち込まれ、田丸が勝利。初防衛に成功した。

 田丸は「ナメていたわけじゃないですが倒せると思っていて、チャンピオンとして情けない試合をしてしまいました。でも皆さんの応援のおかげでベルトを巻いています」と反省のコメント。

 続いて「こんな試合内容では勝てる相手ではないですが、自分は53kgには敵がいないと思うので階級を上げて55kgのタイトルマッチをやらせてください。今回の内容では歯が立たないような選手ですが、めちゃくちゃ練習して試合できるように頑張ります」と、バンタム級王者・鈴木真彦への挑戦を宣言。2階級制覇を目指すとした。

最終更新:5/19(日) 23:08
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事