ここから本文です

勝手に評価 パ・リーグの球団歌をすべて弾き語りして気付いた“6球団の個性”

5/19(日) 11:00配信

文春オンライン

 自分の事を文春の記者と思っておられる読者の方も多いのかもしれない。しかし自分は生粋のミュージシャンである。名前はDOMI、所属するバンドはMEGASTOPPERと言う。2005年のORIX Buffaloes誕生以来、球団歌「SKY」を今日まで歌ってきた。そしてMEGASTOPPERのライブ活動の他に、ソロでの弾き語りのステージも積極的に行っている。行っているのだが、最近では少々難解な、いやいや大変ありがたいのはありがたいのだが、少々複雑な心境になる“とある問題”と直面するようになった。

この記事の写真を見る

球団歌をカバーした気付いたパ・リーグ6球団の個性と魅力

 それはライブ会場に足を運んでくれるお客さんの大半を野球ファン、それもパ・リーグファンで占めるようになってしまったって事だ。ステージの最前列をユニフォーム姿のオーディエンスが占拠する光景。ライブ会場の風景としてはすこぶる特殊な光景である。まぁそれはそれで楽しいのだが、ずば抜けて反応が良い曲のほとんどが野球ソング。となると、別の大きな問題に直面するのだ。そう「常にネタ切れと隣り合わせ問題」である。

 勿論、ORIXファンならみんなが聞きたい「SKY」や「calling」「PlayBall」などはセットリストに組み込むようにしている。が、それ以外の曲でも野球ソングの演奏を求められるとなるとかなり大変だ。幸いウチのバンドはORIX球団から「SONGSシリーズ」なる球団歌音源を6作リリースしているので野球ソングでセットリストを埋め尽くすのは可能と言えば可能だ。しかしほとんどの曲が先の3曲ほど浸透していない楽曲達である。そう、いまいち盛り上がりに欠けるのだ。

 うーむ、どうしたものか。そこで自分が手にした禁断の果実。それは「他球団の球団歌を歌ってしまえ」という強引なウルトラCだった。パ・6球団の球団歌ならすべて良く知っているし。しかも現役のミュージシャンが弾き語りでそれら披露するのである。それはそれでウケが良いに決まっているだろう。調子に乗った自分は事あるごとに他球団の球団歌をカバーしまくるようになったのだ。そして、ある程度ギターのコードや歌い回しが板についてきた頃、改めてパ・リーグ6球団の個性と魅力を思い知る事になったのである。うん。今回は良い話の予感がするぞ!

1/3ページ

最終更新:5/19(日) 11:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事