ここから本文です

『アトランタ』『デッドプール2』出演の個性派女優、ザジ・ビーツの素顔

5/19(日) 10:07配信

Rolling Stone Japan

テレビドラマ『アトランタ』で一躍名を馳せた女優のザジ・ビーツは、型にはまることを何よりも嫌う。

写真2点:『アトランタ』『デッドプール2』出演の個性派女優、ザジ・ビーツの素顔

「私は今でも自分は若手だと思ってるし、とてつもなく大きな世界におけるちっぽけな存在だって感じてる」。ビーツはそう語る。「世間に顔と名前が知られることに、心のどこかで危機感を覚えることもあるわ」。その快進撃ぶりを考えれば、ビーツがそういった懸念を抱くのも無理はないだろう。『アトランタ』でドナルド・グローヴァーが演じるアーンと付かず離れずの関係を続けるヴァンに扮する現在27歳のビーツは、まるで荒れ狂う海における港のような存在だ。元々は出番の少ない端役だったにもかかわらず、知性と脆さを同時に感じさせるその演技で、彼女はエミー賞ノミネートという栄誉を手にした。同作でヴァンというキャラクターに命を吹き込んだビーツは、活躍の舞台を急速に拡大しつつある。

「単なるガールフレンドみたいにはしたくない」。ビーツはそう話す。「自分が持ついろんな側面を視聴者に知ってもらうためにも、役は慎重に選んでるわ」。その発言を裏付けるかのように、彼女はこれまでに演じたキャラクターを列挙する。昨年公開された『デッドプール2』では、彼女はパンチの効いたスーパーヒーローであるドミノを演じた。その一方で、今年はスティーヴン・ソダーバーグが監督を務めたNetflixのスポーツ系ドラマ『ハイ・フライング・バード -目指せバスケの頂点-』や、サイコホラームービー『Wounds』など、これまでと大きくイメージの異なる役柄に挑戦している。他にもトッド・フィリップスが監督を務めるホアキン・フェニックス主演作『ジョーカー』(10月公開予定)を含め、彼女は今年中にあと5本の映画に出演することになっている。

ビーツが大学を卒業したのはわずか6年前だという事実は信じがたいが、彼女は今後どういった道に進むかまだ決めていないという。父親の母国ドイツで生まれ、アッパーマンハッタンで幼少期を過ごしたビーツは、幼い頃から絵画やヴィジュアルアートに強い関心を持ち、グラフィックアーティストとしてのキャリアを検討したこともあったという。彼女はニューヨークの名門校ラガーディア高校で舞台演劇について学んでいたが、その後スキッドモア・カレッジに転校してフランス語を専攻している(彼女はドイツ語も堪能だ)。彼女はおそらく、まだ自身の未来を限定したくないのだろう。

「自分が何をしたいのか、私はいつも自問してる」。彼女はそう話す。だからこそ彼女は様々な役柄に挑戦し続けているのだろう。「キュートなイメージに縛られたくない」。ビーツはそう話す。「醜さ、狡猾さ、善良さ、そういう部分も見せていきたい。セクシーでありながら、非性的な存在でもありたい。ザジ・ビーツとしての自分が人生で経験する変化を、スクリーン上の自分に反映させたいの」

Translated by Masaaki Yoshida

Brittany Spanos

最終更新:5/19(日) 10:07
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事