ここから本文です

「サカイに相応しいファインゴール!」「なんてクロスだ!」1得点・1アシストの酒井宏樹に仏テレビ局が感嘆!

5/19(日) 16:02配信

SOCCER DIGEST Web

酒井の大活躍に実況は絶叫!

「ウォーッ、素晴らしい!」、「しかも左足ですよ、左足!」

 5月18日(現地時間)、トゥールーズ対マルセイユ戦(リーグ・アン第37節)を中継していた『beIN Sports 2』から、こんな叫び声が上がった。日本代表DF酒井宏樹がリーグ・アン初ゴールを決めた瞬間だった。

【ハイライト】昌子源vs酒井宏樹の日本人対決の模様はこちら!

 この日は注目の「日本人対決」。テレビでも、もう一人の日本代表DF昌子源と酒井が対戦することを、さりげなく紹介してはいた。だが試合がオープンな攻め合いになったため、解説席はそれ以上日本人対決には触れず、試合そのものに興奮し、喝采を送っていた。

 36分、酒井がやや距離をとりながら、トゥールーズの主将マックス・グラデルの前方に立ちはだかる。グラデルはそれでもシュートに持ち込むも、わずかにゴール上へ外れた。

 すると解説者のパトリス・フェリ氏が、「サカイが相手ではさすがに難しいというものです」とコメント。実況アナウンサーはこれを聞いて、「サカイはあなたのシュシュー(お気に入り)ですもんねー」と返した。
 
 迎えた50分、酒井が左足のボレーでネットを揺らすと、実況は「ウォーッ! サカイです! サカイのリーグ・アン初ゴールです!」と絶叫。利き足ではない左足でゴールしたことも強調し、「私たちが大好きなサムライのおかげで、幸せな気分です」と叫んだ。カメラもチームメイトに祝福され、笑顔を見せる酒井を追い続けた。

 フェリ氏は、「彼はこのファインゴールに相応しい。プロフェッショナリズム、貢献度、クオリティーなど、どれを取ってもこれに値する選手です」と称賛した。

 このゴラッソで、こんな事実も明らかになった。この日は治安上の措置でマルセイユからサポーターは来ていなかったのだが、なんとトゥールーズ・サポーターにまじって酒井のゴールに歓喜するファンがいたのだ。

 実況席は「今日はマルセイユ・サポーターの遠征は禁止されているのですが……。トゥールーズにも多くのマルセイユ・ファンがいるのです。だから彼らはサカイのゴールを喜んだのです」と説明した。

1/2ページ

最終更新:5/19(日) 16:07
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事