ここから本文です

【J1採点&寸評】大分1-1清水|オナイウ、藤本も封殺! 勢いのある大分攻撃陣を抑え込んだ清水GKをMOMに選出!

5/19(日) 17:47配信

SOCCER DIGEST Web

清水――GK西部は両チームを通じ唯一の高評価

【チーム採点・寸評】
清水 6
前線からのプレスと後方では相手エースをしっかりマークし、大分の良さを消すことに成功した。
 
GK
1 西部洋平 6.5
オナイウの至近距離のシュートや藤本のループなど再三の決定機をビッグセーブ。
 
DF
2 立田悠悟 5.5
自らの攻撃参加を自重し、金子や中村の攻め上がりを促し、しっかりカバー。
 
3 ファン・ソッコ 6
二見と連携しながら藤本を抑え、ボランチとの距離感を保ち、相手のシャドーも抑えた。
 
26 二見宏志 6
90分間通して前線で駆け引きする藤本をフリーにすることなく、しっかりマークした。
 
25 松原 后 5.5
積極的に攻撃参加することは少なかったが、スペースを消し、サイドで起点を作らせなかった。
 
MF
7 六平光成 6
ポジショニングがよく、大分のビルドアップを遅らせた。鋭いシュートはポスト直撃。
 
6 竹内 涼 5.5
セカンドボールの回収に尽力し、攻守のつなぎ役としての仕事を全うした。

清水――攻撃陣は献身的な動きで勢いをもたらした

MF
30 金子翔太 6
最初の決定機は力んでシュートをふかしたが、ハイプレスで相手のミスを誘発した。
 
20 中村慶太 6(62分OUT)
序盤から前線からのプレスは鋭く、チームを勢いづけた。交代するまで献身的に動いた。
 
FW
23 北川航也 6(79分OUT)
真ん中に居座ることなく流動的に動いてチャンス作る。ポジションを変えても脅威だった。
 
49 ドウグラス 5.5(90+1分)
厳しいマークに苦しむも献身的にポストプレーをこなし、ファーストディフェンダーとなった。
 
交代出場
DF
27 飯田貴敬 5.5(79分IN)
システム変更後も相手にチャンスを与え図、及第点の出来だった。
 
MF
16 西澤健太 5.5(62分IN)
最初の切り札として攻守で意欲的に動き、2本のシュートを放ったが枠を捉えなかった。
 
FW
9 鄭 大世 -(90+1分IN)
僅かな出場時間でゴールに絡めなかったが、存在自体が脅威だった。
 
監督
篠田善之 6
監督交代から僅かな時間で戦術を徹底し、選手の意識を変えた手腕は見事。半歩前進。
 
取材・文●柚野真也(スポーツライター)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

2/2ページ

最終更新:5/19(日) 17:47
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事