ここから本文です

井上尚弥、欧州デビュー戦で衝撃2回KO! “伝説の日”にロドリゲスから3度ダウン奪い完勝

5/19(日) 5:20配信

THE ANSWER

WBSS準決勝、19連勝中だった王者ロドリゲスを撃破

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒でTKO勝ちを飾り、WBA王座は2度目の防衛に成功。新たにIBF王座を獲得し2団体王者となった。5階級制覇王者で現WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)が待つ決勝進出が決定。井上の戦績は18勝(16KO)。ロドリゲスは19勝(12KO)1敗。

【動画】日本が、世界が衝撃! ロドリゲスは膝を突き、顔面蒼白で戦意喪失…2回KO勝ちした井上の“鮮烈ダウン”の実際の瞬間

 初めて欧州に上陸したモンスターが、スコットランドに衝撃を走らせた。井上は昨年10月にWBSS初戦の元WBA同級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に衝撃の70秒KO勝利。以来、224日ぶりのリングだったが、無敗のIBF王者を圧倒した。

 止まらない。井上はこれで世界戦8試合連続KO勝利だ。自身が記録した世界戦7試合連続KOの日本記録をさらに更新した。もう一方の準決勝ではドネアが勝ち上がっている。この日実際に井上の試合を視察したフィリピンの“閃光”との頂上決戦で、バンタム級3本目のベルトを狙う。

 5月18日は伝説の王者ファイティング原田が“黄金のバンタム”ことエデル・ジョフレに勝利し、日本人初のバンタム級のチャンピオンベルトを獲得した日だ。あれから54年。モンスターが欧州の地で新たな伝説を打ち立てた。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/19(日) 8:04
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事