ここから本文です

井上尚弥との激突は「運命だ」 対戦決定のドネアが称賛「彼はやるべきことやった」

5/19(日) 6:51配信

THE ANSWER

観戦したドネアがリング上で対戦待望「これが、私たちが待っていた瞬間だ」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒でTKO勝ちを飾り、WBA王座は2度目の防衛に成功。決勝で対戦が決まった5階級制覇王者で現WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)は「私たちが待っていた瞬間だ」と歓迎している。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

【動画】日本が、世界が衝撃! ロドリゲスは膝を突き、顔面蒼白で戦意喪失…2回KO勝ちした井上の“鮮烈ダウン”の実際の瞬間

 井上が衝撃の259秒KOを演じたリングにドネアが立った。「彼はここにきて、やるべきことをやった」と井上の戦いぶりを称えた上で「これが、私たちが待っていた瞬間だ。私たち2人とも、運命だと感じている」と対戦を待望したという。さらに「ボクシングの醍醐味は、ベストがベストと戦うこと」とも語ったといい、最強決戦を待ち望んでいるようだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/19(日) 8:04
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事