ここから本文です

【会見一問一答】井上尚弥、衝撃のロドリゲス粉砕「当たれば倒せる感覚あった」

5/19(日) 9:14配信

THE ANSWER

試合後の記者会見一問一答

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回1分19秒TKOで下し、WBA王座は2度目の防衛に成功。新たにIBF王座を獲得し、2団体王者となった。

【動画】日本が、世界が衝撃! ロドリゲスは膝を突き、顔面蒼白で戦意喪失…2回KO勝ちした井上の“鮮烈ダウン”の実際の瞬間

 5階級制覇王者で現WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)が待つ決勝に駒を進めたモンスター。試合後の一問一答は以下の通り。

「準決勝でロドリゲス相手にこの勝ち方で、決勝に進めてホッとしています」

――(主催者サイドから)今回は2ラウンドかかりました。どうしてでしょうか?

「やっぱりそういう見方に…(苦笑)。慣れない環境での力みもあって、2ラウンドからは修正して、ロドリゲスに反応していくようにと。うまく修正が効いて思うように戦えたと思います」

――次はドネアとの対戦になります。

「試合展開もまだ予測していないが、尊敬するドネアと戦えることは嬉しい。そこへ向けて一から頑張っていきたいですね」

――1回から早いペースでの攻防となった。ロドリゲスの実力をどう感じた?

「想定していた右のカウンター、返しのアッパーは、予測できる範囲ではありましたが、いい角度から打ってきたり、危ないタイミングもありました」

――最初にダウンを奪ったフックは?

「1回から左フックなり、右ストレートなり当たれば倒せる感覚はありました。それが2ラウンド目フィットした。(フックの)感触は凄く良かった」

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:38
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事