ここから本文です

井上尚弥、「259秒の衝撃」に米熟練記者も唖然「イノウエは完璧なデストロイヤー」

5/19(日) 22:33配信

THE ANSWER

リング誌のソンガリア記者「ドネアは決勝のイノウエ戦で苦戦するだろう」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。2回1分19秒でTKO勝ちを飾り、WBA王座は2度目の防衛に成功した。本場の米記者は「イノウエは完璧なる破壊者だ」と脱帽している。

【動画】日本が、世界が衝撃! ロドリゲスは膝を突き、顔面蒼白で戦意喪失…2回KO勝ちした井上の“鮮烈ダウン”の実際の瞬間

 目の肥えた本場の記者も唖然とするしかなかった。事実上の決勝といわれていた無敗対決は、たった259秒で決着。井上がロドリゲスから3度のダウンを奪い、完膚なきまでに打ちのめした。権威ある専門誌「リング」に寄稿するライアン・ソンガリア記者は試合後、ツイッターで「ナオヤ・イノウエは完璧なるデストロイヤー(破壊者)だ」と第一声を上げた。

「イノウエは2ラウンドで3回のダウンを奪いTKO、エマヌエル・ロドリゲスをさっさと片づけた。ノニト・ドネアはWBSS決勝のイノウエとの対決で苦戦するだろう」とレポート。続けて「ノニト・ドネア以来、ナオヤ・イノウエはバンタム級で最も破壊的な力がある……」とも続けた。リング誌の認定ベルトがかけられた一戦で井上が世界にその強さを知らしめた。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/20(月) 0:09
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事