ここから本文です

原風景が残る京の里山で寺院めぐり!令和の御朱印もそろう大原散策コース

5/19(日) 9:00配信

ウォーカープラス

四方を山に囲まれ、田畑の合間を涼やかな水音を響かせながら川が流れる……。大原は昔懐かしい日本の原風景が残り、新緑のまぶしいこの時期の散策に最適のエリア。周辺には心安らぐ庭園が広がる古刹や、自然を身近に感じながら食事を楽しめる店が点在。都会の喧騒とは無縁の、癒しの時間を過ごせる散策コースをご紹介。<※情報は関西ウォーカー(2019年5月7日発売号)より>

【写真を見る】令和元年の本尊の御朱印は円融蔵で授与(300円)/三千院

■ <11:00>三千院

阿弥陀三尊像をはじめ、多くの文化財が安置される天台宗の寺院。境内には客殿から眺める「聚碧園」と苔むした地面にスギやヒノキの立木が並ぶ「有清園」と2つの庭園があることで知られ、鮮やかな新緑の風景を楽しめる。

山畔を利用した上下二段式で、円形とひょうたん形の池泉が広がる。

建物は重要文化財に指定されている。

■三千院<住所:京都市左京区大原来迎院町540 電話:075-744-2531 時間:9:00~17:00 ※季節により異なる 休み:なし 料金:拝観料(700円) 駐車場:近隣に有料駐車場あり アクセス:地下鉄国際会館駅より京都バス19系統約22分、大原から徒歩10分>

【次のスポットへ】徒歩2分

■ <12:00>芹生

旅館内にあるお食事処「ひな里」では、湯葉や豆腐、京野菜などを使った本格的な和食が味わえる。庭園に面した縁側の席もあり、新緑の香りと心地いい風に包まれながら、おなかも心も満たされる至高の時間を過ごそう。

すぐ横を流れる川の音に癒されながらランチタイムを。室内のテーブル席にも心地いい新緑の香りが漂う。

■芹生<住所:京都市左京区大原三千院畔 電話:075-744-2301 時間:お食事処「ひな里」11:30~15:00(LO) 休み:不定休 席数:72席 タバコ:禁煙 駐車場:30台(無料)>

【次のスポットへ】徒歩4分

■ <13:10>宝泉院

三千院の参道奥に位置する勝林院の塔頭。柱と柱の間の空間を額に見立てて鑑賞する「額縁庭園」のある寺として有名で、竹林の合間から大原の里の風情を満喫できる。抹茶と和菓子を味わいながら、アートな絶景を眺めよう。

京都市にあるの著名なマツの一つで市指定の天然記念物。

■宝泉院<住所:京都市左京区大原勝林院町187 電話:075-744-2409 時間:9:00~17:00(最終受付16:30) 休み:なし 料金:拝観料(800円、茶菓子付き) ※特殊日を除く 駐車場:近隣に有料駐車場あり>

【次のスポットへ】徒歩4分

■ <14:00>志ば久

大原の伝統的特産物のしば漬を、昔ながらの製法で作り続ける京漬物店。材料の赤紫シソを無農薬で自家栽培。塩のみを振り、樽の中で長期熟成させた自然乳酸発酵のしば漬は、まろやかで深みがあり、まさに自然の味わい。

しば漬を漬ける際、香りのアクセントにミョウガを加えるのが特徴。

■志ば久<住所:京都市左京区大原勝林院町58 電話:075-744-4893 時間:8:30~17:30 休み:なし 駐車場:約30台(無料)>

【次のスポットへ】徒歩9分

■ <14:30>KULM(クルム)

2018年11月にオープンした川沿いの小さなカフェ。全面ガラス張りのカウンター席から大原の風景が一望できる。カレーやパスタ、自家製ピザなどのフードメニューのほか、カヌレ、レモンケーキとかわいい手作りスイーツも充実。

■KULM<住所:京都市左京区大原来迎院町117 電話:090-9234-0770 時間:11:00~17:00 ※12~3月は~16:00(LO各30分前) 休み:不定休 席数:16席 タバコ:禁煙 駐車場:近隣に有料駐車場あり>

【次のスポットへ】徒歩18分

■ <16:00>寂光院

天台宗の尼寺。聖徳太子が建立したと伝えられ、平家滅亡後、平清盛の娘・建礼門院が入寺し、仏門の生涯を送った場所としても知られている。本堂前には「平家物語」にも登場する庭園があり、歴史絵巻の一端を感じられる。

■寂光院<住所:京都市左京区大原草生町676 電話:075-744-3341 時間:9:00~17:00 ※季節により異なる 休み:なし 料金:拝観志納金(600円) 駐車場:近隣に有料駐車場あり>

(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)

最終更新:5/19(日) 12:11
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

揚げもの夏物語‐2019‐
部屋が快適になるSTORY
給料日前夜ものがたり
新島今昔物語

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事