ここから本文です

マンC退団のコンパニ、古巣アンデルレヒトに復帰決定 「プリンスとして去り、キングとして戻る」

5/19(日) 21:37配信

Football ZONE web

キャリアをスタートさせた地で選手兼監督に就任 「最も情熱的であり、かつ冷静な決断」

 マンチェスター・シティからの退団が発表されたベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが現地時間19日、3年契約で古巣アンデルレヒトに選手兼監督として復帰することを発表した。

 コンパニは2008年にハンブルガーSVからシティに加入。この頃からスター軍団化していたシティの中心選手となり、2011-12シーズには44年ぶりとなるプレミアリーグ制覇を成し遂げた。今季も含め、4度のリーグ制覇や2度のFAカップ優勝など多くのタイトルを獲得した。

 契約延長も噂されていたが、国内3冠の偉業を置き土産に退団することが決定していた。今後が注目されていたなか、コンパニは自身のフェイスブックを更新。母国ベルギーの古巣アンデルレヒトに選手兼監督として3年契約で復帰することを発表し、メッセージを発信している。

「アンデルレヒトで新たなチャレンジに臨むことを決めた。アンデルレヒトの次の世代に経験を伝えたいんだ。そして、マンチェスターのことも心の中にあり続ける」

 選手兼監督という異例のチャレンジについては、次のように語った。

「みんな驚くかもしれないね。最も情熱的であり、かつ冷静な決断であると言っておく。1人のサッカー選手として、僕は6歳の時からアンデルレヒトで育てられたんだから」

 アンデルレヒトの公式ツイッターは「プリンスの帰還」と題した動画を公開。コンパニの復帰を歓迎している。返信欄にはシティのファンからの「彼をよろしく頼む」「我々も彼を愛しているんだ」というコメントや、「プリンスとして去り、キングとして戻る」「おかえり、愛してる!」という歓迎のメッセージが多く寄せられていた。

 コンパニの新たなステージでの活躍に注目だ。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/19(日) 21:39
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事