ここから本文です

<いだてん>「箱根駅伝」ゴールシーンはどう描かれる?永島敏行&大根仁に直撃

5/19(日) 9:00配信

ザテレビジョン

放送中の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。5月19日(日)に放送される第19回では、第1回「箱根駅伝」の熱狂が描かれる。

【写真を見る】クランクアップの感想を語る永島敏行

主人公・金栗四三(中村勘九郎)が運営を務め、ストックホルムから8年ぶりに開催されるアントワープオリンピックの代表選手の選考を兼ねて開催された「箱根駅伝」。その存在はまだあまり知られておらず、スタート地点では応援するために集まった人は少なかった。

しかし、復路から徐々に熱を帯びていき、大観衆の声援の中でゴールを迎える。

このゴールシーンの収録が行われたのは、2月某日。実は、収録日の数日後である2月14日は、99年前に実際の「第1回東京箱根間往復大学駅伝競走」初開催された日だった。

今回、「ザテレビジョン」では、この収録日にクランクアップを迎えた永島敏行に直撃インタビュー。「駅伝」の名付け親である武田千代三郎を演じた永島に、撮影の感想を聞いた。

■ この役をいただいたことには、すごく縁を感じていました

“体協”の理事・岸清一役の岩松了から花束を受け取り、晴れやかな笑顔で収録を終えた永島。「“駅伝”を命名した人なので、駅伝の草創期を描くシーンで、ドラマから巣立っていけるということは、役の上でもとてもうれしいです」と感慨深げに語る。

さらに、演じている役について「武田さんは、秋田県都知事として、『正々堂々と戦う』という秋田野球の精神を築いた方だそうですね。僕も野球をやっていて、秋田で米作りをしていたり、つながりが深くて、この役をいただいたことには、すごく縁を感じていました」とつながりがあったという。

「日本のスポーツの礎を築いた一人を演じられて、良かったなと思います」と収録を振り返った。

■ 大根「大掛かりなロケでの撮影は初めてでした」

さらに今回、同放送回の演出を務めた大根仁にもインタビューを敢行した。

「いだてんは、競技のシーンがたくさん出てくるんですが、全て見せ方が違うんです」と話した大根。

その言葉通り、四三と三島弥彦(生田斗真)が出場した1912年のストックホルムオリンピックのシーンは現地で大規模なロケが行われ、一方で「東海道五十三次駅伝」(5月12日放送)のシーンは、イラストとイメージ映像で構成されていた。そんな中、今回の「箱根駅伝」をどのように描いたのか。

「いろんな手法があるんですけど、今回は古今亭志ん生を始めとする5人くらいの落語家が駅伝のように落語をつなぎながら、本物の落語も走らせていくっていう…絶妙な表現になっています。宮藤さんの脚本の妙ですね」と、また新たな表現が登場するそうだ。

「落語の方はすごくコミカルに描いていますが、マラソンは違います。そのコミカルな表現と、マラソンの真剣なフィジカルの表現をどうカットバックさせていくのかがすごく難しかったです」と語る。

大勢のエキストラが集結し、応援に集まった大観衆の熱狂を再現したゴールシーン。その収録の感想を聞くと、「『いだてん』では狭い部屋の担当が多かったので(笑)。大掛かりなロケでの撮影は初めてでした。久々にこういうものを撮って、気持ちよかったです」と笑顔に。

一方で、演出上の苦労を「これは史実なんですが、箱根駅伝の1回目は、誰も知らないからスタート地点には観客とかが全くいなくて、復路のときは人がたくさん見に来ていたそうですね。ただ、写真は残っていないので、どんなふうに最後のゴールを迎えたのかっていう部分を想像して映像にするのは難しかったです」と振り返った。

■ 2位の西岡選手のゴールをいかにエモーショナルに撮るかということを考えて

そんなゴールシーンでは、ハイスピードカメラでの撮影も採用されている。その狙いとは?

「宮藤さんの脚本では、1位でゴールした茂木選手(久保勝史)じゃなくて、2位で何度も転びながら傷だらけでゴールした西岡選手(工藤トシキ)と、それを応援する岸さんの方がフィーチャーされてます。

そこが宮藤さんらしくて、いだてん全体のテーマだと思うんですが、英雄ではなくて、ちょっとしくじった人にスポットを当てるんですよね。失敗してるっていう点で言えば、四三も後半の主人公の田畑(阿部サダヲ)もそうですし。

だから、そんな脚本を読んで、2位の西岡選手のゴールをいかにエモーショナルに撮るかということを考えて、あえて1位の選手ではなく、2位の選手をハイスピードで撮るという表現をして、スポットを当てるようにしました」。

果たして、どのような「箱根駅伝」が作り上げられているのか。今夜の放送で目撃しよう。(ザテレビジョン)

最終更新:5/19(日) 9:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事