ここから本文です

「イチロー監督はダメ」「大谷くらいじゃ感動しない」 野村克也のボヤき健在

5/19(日) 8:00配信

デイリー新潮

猛妻に先立たれ1年余…野村克也が語る「孤独との向き合い方」(2/2)

 猛妻のサッチーこと沙知代さんに先立たれ、野村克也氏(83)が男やもめとなって1年余。ぼやく相手を失った寂しさを口にするが、“根っから好きだからストレスは感じない”と、野球評論家の仕事も元気にこなす。ということで、この場でもぜひ、評論をお願いしたい。

 ***

〈まず聞きたいのは、やはり、この春引退したイチローへの評価だろう。〉

 イチローとの思い出といえば、1995年の日本シリーズでの対戦かな。

〈この年は野村監督率いるヤクルト・スワローズと、仰木監督率いるオリックス・ブルーウェーブ(当時)が、日本一をかけて対戦した。〉

 イチローは当時からバッティングが天才的で、どうせ打たれるのはわかっていました。でも、せめてもの対抗策ということで、僕はマスコミを使うことを思いついたんですよ。事前にマスコミに「イチローの弱点は内角攻め」と話しておいたんです。こうしてイチローに内角を意識させ、実際には外角を攻めるという作戦です。実際、第2試合まではこれが通用したんだけど、イチローは頭がいいから、第3試合からは打たれるようになって、「こりゃ、あかん」と思ったね。

 打撃の永遠のテーマは、変化球への対応だと思っています。イチローはそこが天才的にうまい。普通の打者はピッチャーが投げる前に、これまでのデータ分析などをもとに「速球か、変化球か」という予測を立てます。どっちが来るかわかっていないと、なかなか打てないですから。でも、イチローはそんなことを考えずにバッターボックスに立っても、ピッチャーが投球してから対応できてしまう。これは天才にしかできないことでしょう。

「イチロー監督はダメ」

 イチローはあと数年はやれるという気がしたな。彼の特徴は足が速いことだけど、その一芸があるうちは通用したと思うよ。左バッターだというのも有利だしね。僕の場合は、イチローと同じ45歳で引退したけど、38歳のころからインコースを打つのが難しくなりましたね。インコースを打つには、体を素早く回転させる必要があるけど、歳をとると、それが鈍くなってくるんです。

 イチローの今後ですけど、もし監督になったら、どんな野球をするんだろう、という興味はありますね。ただ、昔から「名選手は名監督になれない」といわれますから、どうなるかな。僕の場合は名選手でも名監督でもなくて、名捕手っていうだけ(笑)。

 僕が思うに、監督に向いているのは川上哲治さんや西本幸雄さんのような、選手から尊敬される人物です。監督は、もちろん技術的なものも求められるけど、もっと大切なのは人間的な魅力じゃないですか。イチロー自身が「人望がない」と言っていましたけど、監督としてダメだと思いますよ(笑)。彼は人を小ばかにするような態度をとることがある。選手としてはよくても、監督としては難しいんじゃないですか。

〈天才というと、やはりあの2人についても語らずには済ませられないようだ。ONである。〉

 長嶋と王は、本当の天才だったと思いますよ。僕はテスト生から成り上がった選手だから、大学時代からスターで天才の長嶋とライバルだったといったら、向こうに失礼。ただ、選手時代も監督時代も、「天才野球には負けたくない」っていう気持ちはあったと思いますね。ただ、長嶋がなんであんなに人気があるのかは、疑問だなあ。

 王はね、僕は63年に52本塁打で、十何年ぶりに本塁打記録を破ったんです。「これで10年くらいは、記録が抜かれないだろう」と思っていたら、翌年には王が55本を打って抜かれちゃったから、まいったね。

1/2ページ

最終更新:5/19(日) 8:00
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事