ここから本文です

充実著しいリオンリオン。 自ら作った流れでダービーでも逃げ切るか

5/19(日) 6:17配信

webスポルティーバ

大一番を前にして、自らの走りをモノにしたリオンリオン。陣営も同馬の特長にマッチしたレーススタイルを見出せたことで、確かな手応えを得ているようだ。その様子を、関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「リオンリオンはフットワークが大きく、ギアチェンジが遅い馬で、一瞬の切れ味よりも、ジワジワと長くいい脚を使うタイプ。その脚質に対して、自分のペースで逃げる形が合っていると、陣営も見ています。ダービーでも、『何が何でも逃げるとは限らないが、先行してしぶとさを生かす競馬になると思う』と話していました」

 同馬はルーラーシップ産駒だが、同じ産駒のキセキ(牡5歳)は、やはり先行・逃げ切りのスタイルで、古馬のGI戦線で活躍している。キセキもフットワークが大きく、スピードの持続力を生かすためにこの戦法をとっており、先述のトラックマンは「(リオンリオンのスタイルは)キセキのレーススタイルとダブる」と言う。

 なお、リオンリオンは、ここに来ての馬の充実ぶりにも目を見張るものがあるそうだ。

「2走前はスローペースで、展開の利を生かしての勝利。前走はかなり速いラップを刻みながらも、最後まで粘って押し切りました。陣営は『同じ逃げ切りでも、内容はまったく違う』と話していて、そこに成長の跡を見たようです。実際、走りのフォームが相当よくなっているみたいで、本番でも展開次第では面白い存在になりそうです」

 横山典騎手が直前に騎乗停止となってしまったのは残念だが、ダービーの歴史を振り返れば、人気薄の先行馬が粘って波乱を演出したケースがしばしば見られる。皐月賞の上位組がけん制し合っている隙に、リオンリオンがまんまと逃げ切る――そんなシーンが生まれても不思議ではない。

河合力●文 text by Kawai Chikara

2/2ページ

最終更新:5/19(日) 6:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ