ここから本文です

暑さに強いオクラ 小さいうちだけ注意して!

5/19(日) 8:00配信

NHKテキストビュー

とにかく暑い日本の夏! じつは、高温に強い野菜もたくさんあるんです。そんな野菜のひとつ、オクラの育て方のポイントを、恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに教えてもらいました。



* * *


■幼苗期の管理に注意!


オクラは暑さに強い分、苗が小さいうちは寒さに弱い性質があります。植えつけは、十分気温が上がり遅霜の心配がなくなってからにしましょう。また、アブラムシやうどんこ病などの病害虫にも弱いので、高さが50cm程度になるまでは防虫ネットをかけておくと安心です。


■収穫のたびに摘葉(てきよう)して実つきをよくさせる


収穫するときに下葉を切り取ることで、栄養が分散されずに実のつきがよくなります。また、風通しがよくなり病気の予防にもなります。


■花がとってもカワイイ!


とても可憐な花が咲くのもオクラ栽培のお楽しみ。葉1枚につき花が1つ咲き、そこにさやがつきます。成長の過程も楽しんで。


■たっぷり食べたいなら、株を複数植えよう!


1回にとれる数は1株当たり1~2個と、料理に使うには少ないので、一度にどっさり収穫したい場合は、5株程度を同時に育てるのがおすすめです。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2019年4・5月号より

NHK出版

最終更新:5/19(日) 8:01
NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事