ここから本文です

オーナーが采配に口を出すときははっきりと表で言うほうがいいです【デーブ大久保 さあ、話しましょう!】

5/20(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

現在も苦戦が続くオリックスですが、宮内オーナーが激怒した翌4月29日の試合は、吉田正尚の活躍などでしっかり勝ちました/写真=BBM

 またもや原(原辰徳)監督が大胆な入れ替えをしましたね。調子の上がらなかったビヤヌエバとゲレーロを一気に二軍に降格させました。その効果もあってか? 登録抹消となった翌5月6日の試合は不振のDeNA相手に3回までに8点を奪いました。

 また、一軍昇格となった北村拓己を即スタメン起用し、昇格全員を出場させるなど、さすが名将という采配を見せました。これでさらに二軍にいる選手たちは「オレたちも」もという気持ちになり、ゲレーロやビヤヌエバにも危機感が出てくるはずです。それだけ巨人には戦力があるという裏返しでもあるわけです。これで巨人はチーム全体がピリッとなるのではないでしょうか。

 ところで、今回は少し前の話になりますが、オリックスのことについて話をしたいと思います。先々週「いろんな逆転劇を見てきたが、めったにない。ひどいよ。代えれば代えるほど悪くなっている。そんなおかしな、バカな話があるか!」とオリックスの宮内義彦オーナーが試合後に吠えたらしいですね。

 多分、宮内オーナーは80歳を超えていらっしゃいますよね(83歳)。ウチのかあちゃんと同じ世代です。こう言いたくなるのも仕方ないですよ。その後、この発言に対し・・・ 本文:1,149文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/23(木) 18:36
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る