ここから本文です

日本陸上男子、金メダルの可能性は? 代表争いに国際陸連が新たな制度〈AERA〉

5/21(火) 17:00配信

AERA dot.

 日本陸上男子100メートルが熱い。東京オリンピック代表の有力候補として、サニブラウン・ハキーム、桐生祥秀、多田修平、山県亮太、ケンブリッジ飛鳥、飯塚翔太の6名が挙がっている。一方で、世界の選手の動向や国際陸連の新制度など、選手を取り巻く環境は刻一刻と変化している。

【図を見る】陸上男子100Mの五輪代表争いが白熱

*  *  *
 この6人の中から、東京五輪100メートルのメダリストが誕生する可能性が膨らんできているのは、世界のレベルが停滞していることも大きい。

 100メートルの世界では、ウサイン・ボルトがことごとく常識を打ち破ってきた。09年のベルリン世界陸上では9秒58の世界記録を当時22歳でマーク、競争のレベルを別次元へと引き上げた。しかし、その後はオリンピック、世界陸上でのメダル獲得へのタイムは緩やかに下降していき、ボルトの引退レースとなった17年の世界陸上では優勝したジャスティン・ガトリンのタイムが9秒92、銅メダルのボルトのタイムは9秒95だった。

 今季のランキングトップも、エジョウヴォコーエン・オドゥドゥル(ナイジェリア)のマークした9秒94。おそらく東京五輪も9秒9台の決着となり、そうなれば日本勢がメダル争いに絡むチャンスも出てくるはずだ。

 さらに、金メダルの期待もかかるのは、北京・リオデジャネイロの両五輪で銀メダルを獲得した4×100メートルリレーだ。

 5月11、12日に横浜で行われた世界リレーでは、多田→山県→小池祐貴→桐生の布陣を敷いたが、小池からアンカーの桐生へのバトンパスでミスが起き、日本は失格となった。だが、その時点では同組で走ったアメリカに大きく水をあけていたのである。

 日本といえばバトンパスがお家芸のように語られるが、いまや走力でも海外の列強と肩を並べられる実力者がそろっている。メンバーを固定し、“匠の技”ともいえるバトンパスが完成すれば金メダルも夢ではない。

 自国開催での五輪出場に向けた代表争いはすでにスタートしている。国際陸連は今年3月に東京大会の出場資格について発表、従来の参加標準記録に加え、すでに導入されている世界ランキング制度を新たに適用すると発表した。全体の出場枠の約半数を参加標準記録突破者から選び、残りの出場資格は世界ランキング上位者に与える。

 実は、この新しい枠組みが波紋を呼びそうだ。東京五輪では空手やスポーツクライミングなどの新競技が採用される一方で、陸上は選手の参加総数を制限することが求められている。そのため、100メートルの参加標準記録は、リオ大会の10秒16から、10秒05へと一気に引き上げられた。記録対象期間は、今年5月1日から来年6月29日までだ。

 また、世界ランキングを上げるためには、世界各地を転戦する「ゴールデングランプリ」などの大会に出場し、ポイントを加算していかなければならない。これまでのように参加標準記録を突破し、日本選手権で3番以内に入れば出場内定というわけにはいかず、選手たちには来年6月までタフな戦いが待っている。

 現状、参加標準記録を破っているのはサニブラウンのみだが、各陣営ともに今季中に10秒05というタイムをクリアしておきたいところだろう。

 5月14日時点の世界ランキングは、桐生が14位、山県が18位。サニブラウンは国際大会にはほとんど出場しておらず36位だ。今後、ランキングを上げていくためには、けがをせず、ターゲットとする大会できっちり結果を残し続けなければならない。

 ただし、言うは易く行うは難し。陸上の取材を続けてきて感じるのは、スプリンターが年間を通じて好調を維持するのはとても難しいということだ。コンディションを整え、戦略的にポイントを加算していく選手が、日の丸をつけ、新しい国立競技場でのレーンを走ることになるだろう。

 日本の陸上短距離史上、もっとも激しい戦いはすでに始まっている。(スポーツジャーナリスト・生島淳)

※AERA 2019年5月27日号より抜粋

最終更新:5/21(火) 18:27
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事