ここから本文です

渡辺謙、ハリウッド俳優にはなれない?「日本人として人生も含めて役に乗せる」

5/20(月) 8:10配信

コンフィデンス

 日本が誇る世界的IPであるゴジラが、ハリウッド製作第2弾の超大作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』としていよいよ世界公開される。そんな本作には、世界で活躍する渡辺謙が前作に続き芹沢博士役で出演。渡辺にとってのハリウッドゴジラへの出演、世界で活動する日本人俳優としての矜持を聞いた。

【写真】特殊な衣装に身を包む渡辺謙、ハリウッドスタジオでのメイキング

■ゴジラが生まれた1954年と今、根底にあるものは不変

――今作はゴジラのほかにも、キングギドラ、モスラ、ラドンといった怪獣が登場しており、非常に迫力がありました。
【渡辺謙】今回は3体とも飛ぶ怪獣ですから、滑空する姿や飛び上がろうとする動作もなかなかの迫力がありましたよね。

――ゴジラがハリウッドで映画化され、渡辺さんの出演は2作目になります。
【渡辺謙】演じた芹沢は、未来に向けてゴジラという生物と共存すべきだと思っているけど、共存するには手に余るところもある。それはある種の漠然とした不安感といったもののシンボルだと思っています。人間の環境破壊を止めるためのスクラップ・アンド・ビルドとして怪獣が必要という意見と、一方、怪獣は人間には不要なものという意見の、ちょうど中間地点にいるのが芹沢という男だと思います。

――ゴジラが生まれたときに掲げられたメッセージは、今回のハリウッド版でも変わらない?
【渡辺謙】もちろん現代の生活や経済、社会構造は、当時と大きく変わっています。しかし、オリジナル版が生まれた1954年に日本が抱えていた問題は、今でも根底にあるものは変わっていない。逆に言えば、ハリウッド版がオリジナルを踏襲したことで、そうしたテーマ、問題みたいなものを現代にうまく映し出したと思っているんです。ただ単に怪獣映画というのではなく、日本のオリジナル版が持っていた、社会のなかの漠然とした不安感や、未来への揺らぎみたいなものは、ハリウッド版にもしっかり組み込まれています。

――芹沢猪四郎という名前は、オリジナル版の登場人物である芹沢博士と、本多猪四郎監督にオマージュを捧げたキャラクター。渡辺さんはそんな日本を代表する役柄を、日本代表として演じられています。
【渡辺謙】前作の時もですが、日本代表というよりも、この映画と観客の中間地点にいる意識です。外国から見ると日本の俳優が出演しているとなりますし、日本の観客にとってはハリウッド映画だけど、ちゃんと日本人も出演していると感じるでしょう。日本とハリウッドの橋渡しをするとか、そういったことまでは考えていないけど、この映画を観るうえでいい緩衝材になっている気はします。

――海外の観客にとっても、ゴジラをハリウッドで映画化することに反響はあったのではないですか?
【渡辺謙】たしかに前作は、不安と期待が入り混じったリアクションが大きかったんですけど、今作では「今度は何をやるんだ」という期待感を強く感じています。僕はLAで試写を観ましたが、身内ではありますけどエージェントの反応がとてもよかったです。きっとアメリカの観客も喜んでくれると思います。

――渡辺さんは今作をどう観ましたか?
【渡辺謙】前作からうまく繋げていると思いました。今作はベースになるのが科学者の問題。我々が最前線で戦いもするし、より悩み苦しむところがあるので、傍観者になれない。当事者になったのが非常におもしろかった。

1/3ページ

最終更新:5/20(月) 8:10
コンフィデンス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コンフィデンス

oricon ME

5/27・5/27号

5,040円(税込)

■表紙インタビュー
渡辺謙(俳優)
日本人としてのアイデンティティを持って
人生も含めて役に乗せることが求められている

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事