ここから本文です

今、女性の下着に何が起こっているのか

5/20(月) 5:00配信

商業界オンライン

 米国ではセクシーな下着の不人気で「ヴィクトリアズ・シークレット」が毎年恒例のランジェリーショーのテレビ中継打ち切りに追い込まれ、わが国でも一時はセクシーイメージで人気だった「ピーチ・ジョン」の不振でワコールホールディングスが巨額の減損処理に追い込まれて97%の減益(連結純利益、営業利益も58%の減益)決算になり、アツギはストッキングの不振で31億円の赤字(純損失、営業損益も9億円の赤字)に転落した。一体、女性の下着に何が起こっているのだろうか。

“セクシー”から“ヘルシーナチュラル”へ

 2001年からテレビ放映が始まった「ヴィクトリアズ・シークレット」のド派手なランジェリーショーは11年のピークには1030万人が視聴したが、17年には537万人まで減り、18年は327万人まで減少してテレビ放映の打ち切りに追い込まれた。打ち切りに至った背景は視聴率の低下だけでなく、販売不振による収益の低下も大きかったと思われる。

「ヴィクトリアズ・シークレット」の売上げピークは17年1月期の77億8100万ドル、営業利益ピークは16年1月期の13億9100万ドル(営業利益率18.1%)で、19年1月期は売上高73億7500万ドル、営業利益4億6200万ドル、営業利益率6.3%に低下している。既存店売上前年比(EC/カタログを含まず)も16年1月期の105から17年1月期は99、18年1月期は92、19年1月期も94と勢いを失い、年間坪効率も16年1月期の3万741ドルから19年1月期は2万6934ドルに落ち込んだ。

 その一方でアメリカンイーグルの「エアリ」は16年1月期120、17年1月期123、18年1月期127、19年1月期129と既存店売上げ(ECを含む)をぐんぐん伸ばしてきたから、“セクシー”から“ヘルシーナチュラル”へと米国女性の下着の嗜好が大きく転換したのは間違いない。「ヴィクトリアズ・シークレット」もティーンズラインの「ピンク」を展開しているが、“ドームウエア”コンセプトの「エアリ」のようなライフスタイル感を欠き、「ヴィクトリアズ・シークレット」のインブランドを出られなかった。

  機能性でも「ルルレモン」などのアスレジャーブランドに顧客が流れ、デザインコンシャスで割高感があり機能面も弱い「ヴィクトリアズ・シークレット」は品質やサービスの劣化もあって人気を落としていったと思われる。

1/3ページ

最終更新:5/20(月) 9:36
商業界オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

商業界オンライン

株式会社商業界

流通業界で働く人の
オールインワン媒体

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事