ここから本文です

ガブリエラ令嬢ご結婚! 英ロイヤルファミリーが勢揃い

5/20(月) 16:05配信

25ansオンライン

英国らしさや英国ロイヤルファミリー代々の家族の伝統を感じたウェディングでしたが、やはりエリザベス女王を筆頭にした出席者の皆様の顔ぶれにも注目。

この日の女王は、鮮やかなピンクのコートと花柄のドレスをお選びに。お洋服はスチュワート・パーヴィンで、お帽子はレイチェル・トレヴァー・モーガン。
久々に公の場に登場された、御歳97歳のエディンバラ公のお元気そうなお姿に安心したり、女王とのご夫妻2ショットにもとってもうれしく拝見したり。

最もサプライズ登場となった、ハリー王子おひとりでの出席に、アン王女ご夫妻、エドワード王子、アンドリュー王子も。先日、アンドリュー王子との再ロマンスが噂された元妻セーラ・ファーガソンさんも出席されたことから、おふたりの一挙手一投足にも注目が。

期待されたウィリアム王子&キャサリン妃は、この日残念ながら欠席となりましたが、ミドルトン家は揃って出席。
ヌーディなカラーのキャサリン・ウォーカーのドレスコートを着られたキャロルさんと、マイケルさん夫妻に、新郎のキングストン氏とは長き友人関係にあるピッパさんとジェームズさん夫妻。
還暦を過ぎてもこのスタイル!のキャロルさんに感動したり、ブルーのケイト・スペードのドレスにカチューシャ型のベルベットのヘッドドレス姿のピッパさんには、最近のキャサリン妃スタイルを思い起こしたり。今でも姉妹仲良くファッションの相談をされていることが伺えます。

独身の弟ジェームズさんは、交際中のガールフレンドで証券アナリストのアリゼ・テブネさんを同伴。この方のドレスは、なんとH&M!さすがフランス人らしく、お値段関係なくシックに魅せる術をご存じ。全身にスタイルを感じるオシャレですね。
聖ジョージズ礼拝堂でのサービス後、皆様はフロッグモアハウスでのレセプションへ。メーガン妃とハリー王子のレセプションが行われた場所も、こちらでした。

出席者の方々のSNSへの投稿であきらかになった、ウェディングケーキは、フィオナ・ケアンズによるものだそう。このパティシエさんといえば、2011年のキャサリン妃とウィリアム王子のウェディングケーキを担当された方!
今回のケーキは3段で、フルーツケーキ、ビクトリアスポンジと、レモン・リモンチェッロ・スポンジという、3つのレシピで製作されたそうです。
フルーツケーキにヴィクトリア・スポンジと、英国の伝統ケーキがしっかり入っていますね。
そして、なんとウェディングドレスが合計4着!という話も出てきました。ケーキカットの際には、まだ同じドレス。ということは、レセプションの後半からお着替えが3回?さすがロイヤルメンバーのウェディング。まだまだ気になることがいっぱい、ですが。
とにかく、ご結婚おめでとうございます、レディ・ガブリエラ!末長くお幸せに。

MIZUHO NISHIGUCHI

2/2ページ

最終更新:5/20(月) 16:05
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2019年8月号
2019年6月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

25ansオンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ